デッキレシピ
ナツメ&ハチクの評価・考察とルールについて

ナツメ&ハチクのルールと配布方法

《ナツメ&ハチク》は《ジュジュベ&ハチクマン》が禁止カードになったことで配布されたカードです。

配布方法

10月10日(土)以降に、全国のポケモンカードジムで開催されている下記のイベントに参加された方に、ムウマージまたは、ナツメ&ハチクのどちらかをお渡しいたします。

ジムバトル
新弾バトル

1回イベントに参加されるごとに、参加賞としてプロモカードパック第4弾1パックに加えて、どちらか1枚の配布となります。
カードがなくなり次第、配布は終了となります。

※ムウマージ(141/S-P)はムウマージ(SM10)の代用カードではなく、別のカードとして扱います。
※ナツメ&ハチク(142/S-P)はジュジュベ&ハチクマン(SM12a)の代用カードではなく、別のカードとして扱います

なおソード・シールドレギュレーションで登場したカードという扱いではなく、SMCカードであり、SMのカードがスタンダードレギュレーションで使えなくなった場合、《ナツメ&ハチク》も使えなくなります。

ナツメ&ハチクの評価

《ナツメ&ハチク》はタッグコールから繋げられる優秀なタッグサポートです。

基本エネルギーを2枚持ってくるだけでもデッキによっては使えるのだがこのカードの真価はポケモンを3種類サーチできることにある。

違うタイプという指定がある以上、たとえばベンチをあくタイプで埋めるムゲンダイナVMAXデッキで使うことはできません。

しかし多くのデッキにおいて採用されている《クロバットV》と《デデンネGX》+1枚をサーチできます。

また、進化後と進化前がタイプが違う場合まとめてサーチできます。

現在は進化前のタイプが2種類ある「ニューラ」を使用する悪パーフェクションデッキで採用されています。

悪パーフェクションデッキでの使い方

悪パーフェクションでは理想の場を揃えるために後攻1ターン目でナツメ&ハチクが使われます。

2ターン目にブラッキー&ダークライGXのGXワザ「デッドムーンGX」を使い、次のターンにメガヤミラミ&バンギラスGXの「グリードクラッシュ」で相手のデデンネGXを倒し勝利をすることが理想のゲームプランです。

《ナツメ&ハチク》はそのための準備を1ターン目でできるように理想の盤面と手札を作ります。

1ターン目に

  • ニューラを出す(マニューラGXのための準備)
  • ガラルファイヤーVの特性を使いエネ加速する
  • ミュウツー&ミュウGXにエネルギーを手貼りする

これらの3つの課題を達成することがポイントです。

トラッシュに基本悪エネルギーを落とし、ガラルファイヤーVの特性を1ターン目から使うのは難しいですが、

ナツメ&ハチクを使えば1ターン目にやりたいことをほぼ満たすことができます。

ナツメ&ハチクで水タイプのニューラ、ガラルファイヤーV、残り1枚は任意のタッグチームやデデンネGXなどを手札に加えましょう。


▲このデッキのニューラが水タイプなのはナツメ&ハチクのためにタイプをばらけさせるため。


▲デデチェンジを使えば基本悪エネルギーをトラッシュに落とすことが可能。

ナツメ&ハチクを使用するデッキ

悪パーフェクション

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事