デッキレシピ
【ポケカ】サイトウの評価と使い方 採用デッキを解説

サイトウのカードテキスト

サポート
自分の山札を上から5枚トラッシュし、その中にあるエネルギーをすべて、ベンチのポケモンに好きなようにつける。

サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

サイトウの評価

総合評価Cランク(環境では使われない)

サイトウはだいたいこんなカード

  • エネ加速手段がとぼしかった闘ポケモンのエネを加速させることができる。
  • 加速させるエネルギーは特殊エネでも可能。ストーン闘エネルギーをつけよう。
  • ランダム性が高く確実に闘エネをつけれるか怪しい点が欠点。

サイトウと相性の良いカード

さるぢえヤレユータン

サイトウはデッキの上から5枚と一見ランダム要素があるカードに見えます。
しかし特性「さるぢえ」でデッキの上に基本闘エネルギーや「ストーン闘エネルギー」を置くことで加速できるエネルギーの1枚は確定させることができます。

セキタンザンVMAX

ワザ「ふんかだん」でエネ加速ができますが、それでもエネに不安な人向け。
サイトウで「ストーン闘エネルギー」をつけながら戦えばかなりの耐久と攻撃力になります。

ストーン闘エネルギー

サイトウで加速するエネはなんと特殊エネにも対応しています。
つければつけるほど耐久を上げることができるストーン闘エネルギーを使わない手はありません。

ガラルネギガナイトV

デッキから闘エネが2枚がつけば、いきなりワザ「フォールスター」で大ダメージで速攻をしかけることが可能!

 

 

サイトウは弱い?カード解説

闘ポケモンかつベンチ限定かつランダム要素はあるが、エネ加速手段に乏しい闘ポケモンにとって革命となるエネ加速サポート。

闘タイプはワザに3~4エネが必要なポケモンが多いのでエネ加速は重宝する……はずでした。

しかし現在のポケモンカードで《サイトウ》はほとんど使われていません。

その理由は《サイトウ》の効果が確実性に欠けるため、サポートカードを使ったにも関わらず何も起こらなかったということになりかねないからです。

また、現在の強い闘タイプは「一撃」「連撃」カードであり、それぞれ強力な《いちげきエネルギー》《れんげきエネルギー》を使って戦います。

《れんげきエネルギー》はエネ2個分に、《いちげきエネルギー》は《ヘルガー》でエネ加速ができるため、わざわざ《サイトウ》を使わなくてよいのです。

「一撃」「連撃」以外の闘タイプのデッキはこれら2つのデッキと比較すると、どうしても見劣りしてしまうため環境では使われない傾向にあります。

ではどのようなデッキでサイトウは使われる?

ずばり、《サイトウ》が今後使われる可能性があるとすれば「闘タイプのV-UNION」デッキもしくは「エネを大量に必要とする闘タイプの強いデッキ」、もしくは《ガラルネギガナイトV》を採用するデッキです。

V-UNIONはトラッシュにポケモンを送る必要があるため、ポケモンのエネ加速のついでにV-UNIONのトラッシュも狙うことができます。

もしくは、4エネなど大量に闘エネが必要でそのワザが強いデッキで採用が期待できます。

現状、《セキタンザンVMAX》は自身のワザでエネ加速ができるため、それほど《サイトウ》を必要としていません。

また、エネを集めて戦う《ガラルネギガナイトV》とは相性がよさそうにみえますが、《ガラルサンダー》でエネ加速して戦うことで戦いやすくなっており、そちらの構築が主流となっています。

特性「けんきゃくチャージ」は基本エネルギーしかつけることができないので、《ストーン闘エネルギー》を多く採用すると事故につながります。

よって、《ストーン闘エネルギー》はそれほど採用されておらず、《ストーン闘エネルギー》をエネ加速できる強みをもった《サイトウ》もそれほど使われていません。

今後《サイトウ》が使われるデッキが出るまでコレクションしておくと良いでしょう。

トレーナーカードコレクション「サイトウ」の相場はこちら

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事