デッキレシピ
【ポケカ】フュージョンアーツ収録カードリストと評価 通販予約最安値【ミュウVMAX】

フュージョンアーツとは

バトルスタイルに「いちげき」「れんげき」に加えて新たに『FUSION』が追加されます。

また新規登場ポケモンとして『ミュウVMAX』が登場し、パックの看板となっています。

発売日

2021年9月24日(金)

定価

4,950円(税込)

商品内容

1パック:5枚入り
カード種類数:全100種+???

フュージョンアーツを予約

フュージョンアーツ収録 ポケモンV

ミュウVMAX(評価:A)

  • ゲノセクトVのワザをコピーすることで先2ボスダイビクトリーのようなことができる
  • 倒されそうになるとサイコジャンプでデッキに戻ることができる
  • パワータブレットでダメージを増やすことができる
  • ダイミラクルでジュナイパーの特性を無視して攻撃できる

など、さまざまな強力な要素をもったポケモンVMAXです。

ミュウV(評価:A)

自分の「フュージョン」のポケモンのエネルギーを加速するワザ「エナジーミックス」と、ダメージを与えながら山札にもどるワザ「サイコジャンプ」の2つを持ちます。

《フュージョンエネルギー》を進化前からつけることができるため、フュージョンデッキではこちらの採用が優先されるでしょう。

また《ミュウVMAX》が「サイコジャンプ」をコピーすることで倒されかけのVMAXポケモンをデッキに逃がすという反則染みた動きをすることもできます。

ゲノセクトV(評価:A)

HPが低く防御面には不安が残りますが、特性とワザが強力です。

特性「フュージョンシステム」はフュージョンポケモンを展開しきったあと手札補充をすることができます。

このようなサポート系の特性をもつポケモンにしては珍しく、ワザ「テクノバスター」はデメリットこそあるものの、ほとんどのVポケモンを一撃で倒すことができます。

フーパV(評価:B)

特性「ダブルフェイス」で環境に多い超タイプと悪タイプ弱点のポケモンに弱点をつくことができる超優秀なアタッカーです。

主に「こくばバドレックスVMAX」「れんげきウーラオスVMAX」などを弱点込みで一撃で倒すことが役割となるでしょう。

また、環境に少ない草タイプ弱点な点も高評価。

ただしワザを使った後ダメカンを自分のポケモンに乗せてしまうため、《チャーレムV》などに狙われないように注意する必要があります。

「フュージョン」デッキ以外でも悪タイプのデッキで活躍が期待できそうなポケモンです。

フュージョンアーツ収録 ポケモン

メロエッタ(評価:C)

必要エネは2エネと少し多いですが、《フュージョンエネルギー》が3枚場についていると210ダメージを出すことができます。

非Vポケモンにしてはかなりの攻撃力なのでサブアタッカーとして採用するのは十分アリです。

ただし現状、《フュージョンエネルギー》を使い回す手段はないため火力が不安定なところが欠点。

ドラパルト

パールル

ハンテールとサクラビスの、どちらかに進化することができるポケモンです。

ハンテール(評価:C)

フュージョンデッキの主役となる《ミュウVMAX》は悪弱点なため、苦手な《ゲンガーVMAX》のワザをけん制できるところは評価点。

しかし一撃デッキ以外では効果を発揮せず、1進化ポケモンなためデッキの枠をとることを考えると、ほかの汎用性の高いポケモンを採用し対策するほうが無難に戦えるでしょう。

サクラビス(評価:C)

「れんげき」ポケモンの特性をなくすことができるポケモン。

現状はほぼ《インテレオン》の「クイックシューター」ピンポイントで特性を打ち消すことができます。

採用率が高いカードなので動きを封じれる機会は多いですが、刺さらないデッキ相手の場合は活躍の機会がなく、1進化ポケモンなのでデッキの枠をとってしまう点がマイナスポイント。

オドリドリ(評価:A)

フュージョンデッキの耐久を支えるほぼ必須クラスのカード。実質的にフュージョンポケモンのHPを底上げできる特性を持っています。

ベンチ含む全員のフュージョンポケモンのダメージが軽減されるため、特に《れんげきウーラオスVMAX》の「キョダイレンゲキ」のダメージを20ずつ減らせるのはとても評価ポイント。

またワザも《ミュウVMAX》のコピー先として便利で、弱ってベンチに逃げた相手ポケモンにトドメをさすことができます。

ストリンダー

特性「マックスダウナー」は、自分の場のポケモン全員が「フュージョン」のポケモンならはたらき、相手の場のポケモンVMAX全員の最大HPを、それぞれ「30」小さくすることができます。

また、効果は重複するので、たとえばストリンダーが3匹いれば、相手の場のポケモンVMAX全員の最大HPが「90」小さくなります。

1進化な点や、VMAX限定なためタッグチームや進化前のVポケモンには適応されない点がやや使いにくいですが、並べる価値は十分あるポケモンです。

相手残りHPが30のときに《ストリンダー》を手札から進化させるとそのまま相手は特性の効果を受けきぜつするので、狙ってみると良いでしょう。

ドーブル(評価:D)

ワザ「トラッシュスケッチ」は、無色エネルギー1個で使え、自分のトラッシュから「フュージョン」のトレーナーズを2枚まで選び、手札に加えることができます。

相手の「マリィ」には注意。

フュージョンアーツ収録 グッズ

パワータブレット(評価:S)

ついに登場してしまったソード・シールド版お手軽火力アップグッズ。

その強力さは以前のレギュレーションに存在した《エレキパワー》を彷彿とさせるもので、このグッズがある限りフュージョンは環境トップを約束されたようなもの。

サポート権を使わず《ダンデ》を使える上に、グッズかつターン制限がないため1ターンに4枚使ってダメージを+120にすることもできます。

ソード・シールドレギュレーションのグッズでは文句なしの最強クラスのグッズです。

フュージョンアーツ収録 サポート

カミツレのきらめき(評価:B)

現状「フュージョンエネルギー」をデッキからサーチ(エネ加速)できる唯一の手段。

このサポートを使うとドロー系のサポートが使えなくなりますが《ゲノセクトV》が手札をある程度補充してくれるため採用は十分検討できます。

特にフュージョンデッキは《ミュウVMAX》が「サイコジャンプ」でついているエネルギーごとデッキに戻るため、後続のリカバリーを兼ねることもできます。

ポッドとデントとコーン(評価:B)

《ミュウVMAX》《ミュウV》の進化ラインを一気に手札に加えることができるほか、《オドリドリ》や《ゲノセクトV》を手札に加えることができます。

このサポートを使うとポケモンしか手札に加えられないことが欠点なので、他のグッズなどのカードは《ゲノセクトV》の特性を使い手札に揃えましょう。

フュージョンアーツ収録 エネルギー

フュージョンエネルギー(評価:S)

フュージョンポケモン限定のデメリットがない《オーロラエネルギー》。

特性の効果を受けないため相手の《インテレオン》の「クイックシューター」の効果を受けないなどのメリットがあります。

ただしフュージョンエネルギーで相手の特性「みつりんめいさい」「ふくつのたて」を無効化することができないため注意。※これらの特性は相手のポケモンではなく自身へのダメージを無効化するという特性なため。

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事