ギラティナVSTARのみんなの評価と使い方を解説

ギラティナVSTARは強い?みんなの評価

VSTAR環境となった環境において280ダメージとVSTARパワーの即きぜつのインパクトは大。

よって「強すぎる」「やや強い」と評価する人が多いようです。

ギラティナVSTARのカードテキスト

HP280 ドラゴンタイプ
V進化 ギラティナVから進化

草超無 ロストインパクト 280
自分の場のポケモンについているエネルギーを2個選び、ロストゾーンに置く。

VSTARパワー
草超 スターレクイエム
このワザは、自分のロストゾーンにカードが10枚以上あるときにしか使えない。相手のバトルポケモンをきぜつさせる。

特別なルール
ポケモンVSTARがきぜつしたとき、相手はサイドを2枚とる。

弱点抵抗力にげる
なし

なし

無無
 
リゲル
ロストゾーンに関連するカードなので使う場合は一通り関連カードをチェックしておきましょう!
ロストゾーンに関する記事はこちら
 

ポケカのロストゾーンとは? 再利用のできないトラッシュのようなもの!

進化前 ギラティナV

ワザ「アビスシーク」で山札の上から4枚のうち2枚を手札に加え、残り2枚をロストゾーンに送ることでロストゾーンのカードを増やせます。

もうひとつのワザ「ひきさく」は《ミルタンク》の特性を無視してダメージを与えることができ、いざというときに頼りになります。

ワザは優秀ですが、安全にVSTARに進化するために基本的には《ギラティナV》はベンチにいることになります。

ギラティナVSTARのカード評価

評価
Bランク

ギラティナVSTARはだいたいこんなカード

ギラティナVSTARの強いところ

  • 280ダメージを出せる。このダメージは《オリジンパルキアVSTAR》などVSTARポケモンを一撃で倒せる。
  • VSTARパワーのワザは条件付きではあるものの、相手がVMAXであろうと即きぜつ。
  • 総じてVSTAR環境でほとんどのポケモンを一撃で倒すことに特化している。
  • 攻撃力だけで見ると登場時点ではVSTARポケモン最強クラス。
  • ドラゴンタイプなので弱点がない

ギラティナVSTARの惜しいところ

  • ドラゴンタイプなので2種類のエネルギーが必要。
  • ワザに必要なエネが草超無の合計3エネと多め。
  • ワザを使うには自分の場のエネルギーを2個ロストゾーン送りにし続ける必要がある。
  • エネを常に確保する必要がある。
  • 使用するなら他のカードも使ったコンボデッキとなる。
  • 非Vの小型ポケモン相手には燃費がとても悪い。
  • VTARパワーを使うには自分のロストゾーンにカードが10枚必要。そのためロストゾーンを増やすデッキ構築にする必要がある。
 
リゲル
2-2-2でサイドを取るなら、一回はVSTARパワーで倒せるので合計4枚ロストゾーンにエネルギーを送ることになりそうです。

ギラティナVSTARと相性がいいカード

ナタネの活気

《ギラティナVSTAR》は草超無エネ要求。

草2エネ分を加速すればあとは超エネルギーをつけるだけになります。

ただしこのカード、ベンチのポケモンにしかエネ加速できない点は要注意です。

嵐の山脈

進化前の《ギラティナV》をベンチに出しデッキを安定させるのに役に立ちます。

ミラージュゲート

ロストゾーンに7枚以上カードがある必要がありますが……

エネを常に2枚ロスト送りする必要がある《ギラティナVSTAR》にとって基本エネルギー2枚をサポートを使わずにエネ加速できるのはとても強力です。

条件は「それぞれ違うタイプの基本エネルギー」なので、基本超+基本草エネルギーを加速しましょう(草エネ2枚加速などは不可)。

VSTARパワーを使う場合はロストゾーンを10枚用意する必要があるので、VSTARパワーを狙う構築なら採用は十分考えられます。

他にもロストゾーンを増やすカードを採用したいですね。

キュワワー

ロストゾーンを増やすお手軽手段。たねポケモンなので使いやすいです。

特性「はなえらび」により、手札とロストゾーンのカードを同時に1枚ずつ増やせます。

バトル場でのみ働く特性なので、いれかえ手段は必須。

アクロマの実験

ロストゾーンにカードを効率よく置くことができるサポートカード。

使い勝手は良いですがこのカードを使うと《ナタネの活気》が使えないのが難点。

ロストシティ

相手を妨害することがメインのスタジアムですが、自分のポケモンがきぜつしてもロストゾーンに送られます。

スタジアムが張り替えられなければ自分のポケモンきぜつ時にロストゾーンに送られ、ロストゾーンの枚数を増やすことができます。

リーフィアV

基本草エネルギーを1ターン目から《ギラティナV》につけることができます。

HPが低く倒されやすい上に、とられるサイドが2枚なのは注意。

 
Name
そのまま《リーフィアVSTAR》に進化して戦わせるのも面白いですね。

ザシアンV

こちらは基本超エネルギーを特性で加速させることができます。

《ナタネの活気》を軸にした《基本草エネルギー》多め、《基本超エネルギー》少なめの構築ではとても便利なポケモンです。

こちらも《リーフィアV》と同じく取られるサイドが2枚ですが、HPが220と高いため他のVポケモンより倒されづらいというメリットもあります。

ツールジャマー

相手のVSTARポケモンについている《大きなおまもり》の効果をなくし(実質的に与えるダメージ+30)たり、相手の《こだわりベルト》の効果をなくし(実質的に受けるダメージ-30)たり。

状況によっては《こだわりベルト》にも《大きなおまもり》の役割にもなれるグッズです。

《ギラティナVSTAR》はVSTARポケモン相手に280ダメージを出せるので《こだわりベルト》がVMAX相手の時以外は必要ありません。

 
リゲル
HPが高いVMAXポケモンもVSTARパワーで倒すことができるため、《ツールジャマー》を持たせて損する場面より得する場面のほうが多そうですね。

ギラティナVSTAR考察

剣盾レギュレーションでは初となる「ロストゾーン」の要素を引っ提げて登場した「ギラティナ」。

VSTARポケモンなら一撃で倒せる280ダメージのワザと即きぜつの必殺のVSTARパワーを引っ提げて参戦。

ただしワザに必要なエネも、ワザを使い続けるためのコスト確保もいろいろ大変なカードです。

現状、エネ加速の案として考えられるのは

  • 《ナタネの活気》などを使うパターン
  • ロストゾーン関連のカードを使いまくり《ミラージュゲート》でエネ加速するパターン
  • 《アルセウスVSTAR》でエネ加速をするパターン

《ナタネの活気》はデッキに基本草エネルギーを最低でも9枚以上は採用しないと上手く機能しない点や、加速対象はベンチ限定な点に注意。

《ミラージュゲート》を使ったエネ加速パターンはロストゾーンにカードを複数枚送る必要があるため、主にサポートカードの《アクロマの実験》を使っていく必要があります。

《アクロマの実験》と《ナタネの活気》との両立はおそらく難しいでしょう。

どちらにしてもコンボデッキといった感じで、デッキ構築難易度はかなり高いものとなっています。

《アルセウスVSTAR》でエネ加速をすると一回は《ギラティナVSTAR》のワザを使えますが、後に続かないのが難点です。

現状は「《ギラティナVSTAR》のポテンシャルは高いが安定させ活躍させるカードが難しい」といった評価です。

ギラティナVSTARの入手方法

パック買い

《ギラティナVSTAR》は強化拡張パック「ロストアビス」に収録されています。

強化拡張パック「ロストアビス」収録カードリストと評価

ギラティナVSTARが採用されるデッキ

ギラティナVSTARデッキ

このカードを使うなら完全に《ギラティナVSTAR》を中心としたデッキとなるでしょう。

最新情報をチェックしよう!