ヒスイゾロアークVSTARデッキレシピと使い方を徹底解説!

ヒスイゾロアークVSTARデッキ

ポケモン (19)
ヒスイ ゾロアークVSTAR
S10a
062/071
4枚
ヒスイ ゾロアークV
S10a
061/071
4枚
ゲンガー
S10a
023/071
2枚
ディアンシー
S9a
035/067
1枚
ビーダル
S9
082/100
2枚
ビッパ
S9
081/100
2枚
ヤレユータン
S8b
129/184
1枚
マナフィ
S9
031/100
1枚
ネオラントV
S9
030/100
1枚
かがやくルチャブル
S9a
043/067
1枚
グッズ (20)
クイックボール4枚
ハイパーボール4枚
しんかのおこう3枚
こだわりベルト2枚
ふうせん2枚
ダメージポンプ3枚
キャンセルコロン2枚
サポート (10)
博士の研究(ナナカマド博士)4枚
ボスの指令(アカギ)3枚
ピオニー2枚
マリィ1枚
スタジアム (4)
大口の沼4枚
エネルギー (7)
ダブルターボエネルギー4枚
パワフル無色エネルギー2枚
キャプチャーエネルギー1枚
デッキコードをコピーする

ダメカンを乗せ換えて戦え!ヒスイゾロアークVSTAR!

ヒスイゾロアークVSTARとは

速攻で準備して先殴りできれば最強。やられる前にやれを具現化したようなカード。それがこの《ヒスイゾロアークVSTAR》。

最高火力が怒涛の300。VSTARにあるまじき火力です。

基本的には《ダブルターボエネルギー》+《こだわりベルト》で310ダメージが出せます。

《ダブルターボエネルギー》は1枚で2個分のエネになるため、素早く《ヒスイゾロアークVSTAR》が動けるようになります。

 
リゲル
少ない手札で動けるのがいいですね!

ヒスイゾロアークVと相性がいいディアンシー

このデッキは《ディアンシー》を採用しています。

このカードは《ボスの指令》からベンチで準備している《ヒスイゾロアークV》を守ることができます。

ワザ「うつろがえり」はエネなしで使うことができ、さらにベンチの《ディアンシー》と交代することができ嚙み合っているカードです。

ゲンガー

組み合わせる相棒は《ゲンガー》。このデッキで最も欠かせないポケモンの1枚です。

このポケモンは進化ポケモンながらたねポケモンのようにいきなり場に出ます。それもトラッシュから出ます。

今回は採用していませんが、基本超エネルギーを採用すればアタッカーとしても採用することができます。

さらに重要なのはその特性。「ならくのうらもん」でダメカンを3個乗せることができるのが重要です。

これにより乗ったダメカンを《ダメージポンプ》でうつしかえながら《ヒスイゾロアークVSTAR》のワザの威力を上げ、ダメージを出していきます。

スタジアムは《大口の沼》は必須。あとは新カード《ダメージポンプ》などで色々できます。

ビーダル

《ハイパーボール》で《ゲンガー》をトラッシュしたり手札消費が激しいこのデッキの手札補充手段です。

「はたらくまえば」で引いたカードを使い切ってからさらに《ヒスイゾロアークVSTAR》のVSTARパワーを使って手札を揃え、一気に攻撃の耐性を整えます。

《ピオニー》との相性も抜群です。

ピオニー

本来は手札をすべてトラッシュするため使いづらいカードですが、効果は強力。

このデッキの最重要カード《ダメージポンプ》《大口の沼》をサーチできたり《しんかのおこう》で《ゲンガー》《ヒスイゾロアークVSTAR》をサーチすることができます。

他にも《ふうせん》《こだわりベルト》など色々なカードをサーチできるすぐれものです。

ヤレユータン

このデッキは手札をトラッシュすることが多いデッキですが、中でも《ダブルターボエネルギー》などトラッシュしたくないカードもあります。

そこでこの《ヤレユータン》の特性「さるぢえ」により《ダブルターボエネルギー》をデッキの上に逃がすことでトラッシュすることを回避できます。

また、手札の質を上げデッキの安定感を上げます。

総じてヒスイゾロアークのデッキ評価

ワザに使うエネルギーが軽いので準備さえ素早く整う構築ができれば今のVSTAR環境で欲しい

・速攻性がある
・1ターン目にエネを貼ることができなくても《ダブルターボエネルギー》で間に合う
・最大ダメージが高くVMAXも一撃で倒せる可能性がある
・うらこうさくは使わないがVSTARパワーでいざというときの安定感がある

といったものを備えており、かなり強いデッキだと構築して感じました。

その代わり、

・コンボデッキなので必要なカードは多い
・その上「うらこうさく」を使わない

上記の理由からデッキとしての安定感はややほかの環境デッキに比べると劣ります。

それでも《ヒスイゾロアークVSTAR》のVSTARパワーは《博士の研究》と同じ効果なので最低限の安定感はありますね。

キャンセルコロンの採用

このデッキは《キャンセルコロン》を採用しない限り【ハピナスミルタンク】をはじめとする《ミルタンク》系統のデッキを突破できません。

また《ジュラルドンVMAX》も厳しいデッキです。

基本エネルギーも少ないため特殊エネルギーがついたポケモンのワザを封じる《ジュラルドンVMAX》にもダメージを与えることが難しくなっています。

そこで採用したのが《キャンセルコロン》です。

このカードを2枚採用することで【ハピナスミルタンク】の《ミルタンク》を2体突破したり《ジュラルドンVMAX》を倒したりできます。

本来の【ヒスイゾロアークVSTAR】では勝てない相手に勝てるようになっています。

ただ、このカードは大多数のカードに対しては効果がなく、デッキの安定性が他の環境デッキに劣りがちな【ヒスイゾロアークVSTAR】に採用するのは諸刃の剣でもあります。

【ジュラルドンVMAX】【ミルタンク】などのデッキの勝ちを諦め、安定性を重視するなら採用しないで良いカードといえます。

環境次第で採用を見極めましょう。

 
リゲル
マッチ運に左右されますが、環境トップとは渡り合える十分活躍できるデッキ!Tier2は固いと思います!

【Tier早見表】ポケカ環境デッキレシピ一覧&最強デッキランキング2022!

ダークファンタズマ収録カードリスト

【ポケカ】 強化拡張パック「ダークファンタズマ」収録カードリストと評価

最新情報をチェックしよう!