デッキレシピ
炎軸レックウザVMAXデッキレシピと使い方を解説

溶接工(炎タイプ)型レックウザVMAXデッキ

ポケモン (17)
レックウザVMAX
S7R
047/067
3枚
レックウザV
S7R
046/067
4枚
ボルケニオン
SM12a
022/173
3枚
チャーレムV
S7R
036/067
1枚
ヒードランGX
SM10a
004/054
1枚
デデンネGX
SF
005/033
1枚
クロバットV
SGI
007/022
1枚
ミュウ
SM12a
055/173
1枚
マーシャドー
SM12a
064/173
1枚
ワタシラガV
S4a
016/190
1枚
グッズ (17)
クイックボール4枚
ポケモン通信3枚
ポケモンいれかえ4枚
ポケギア3.02枚
ふうせん1枚
炎の結晶1枚
ふつうのつりざお1枚
リセットスタンプ1枚
サポート (9)
溶接工4枚
博士の研究(アララギ博士)1枚
マリィ1枚
ボスの指令(フラダリ)3枚
スタジアム (4)
ワタシラガV4枚
エネルギー (13)
オーロラエネルギー3枚
基本雷エネルギー1枚
基本炎エネルギー9枚

公式で編集可能なデッキレシピはこちら

https://www.pokemon-card.com/deck/result.html/deckID/ngNnLL-O3jn4z-NPnPgN/

炎型レックウザVMAXデッキのメリット

《レックウザVMAX》は《モココ》と組み合わせる型が他に存在しますが、この炎軸の《レックウザVMAX》も強力です。

このデッキも安定して「ダイバースト」で高いダメージを出していくことができます。

他にメリットとして

  • もし後攻をとってもフレアスターターのエネ加速が優秀
  • 炎の結晶でエネ回収ができる
  • ヒードランGXなど強力なサブアタッカーを採用できる
  • レックウザVMAXでは倒せないザマゼンタVを弱点込みで他で突破しやすい
  • 巨大なカマドでエネを確保しやすい
キーカード

ボルケニオン

炎の結晶

ヒードランGX

このような恩恵があります。

《レックウザVMAX》登場時点での環境では炎デッキは少なく、鋼タイプを突破することが難しいデッキが多いですが、このデッキはサブアタッカーで鋼タイプに弱点をついていくことができます。

雷軸にはない利点といえるでしょう。

さらにチャーレムVを採用

今回はアクセントとして《チャーレムV》を採用してみました。

このデッキでは《溶接工》でエネ加速をすることで「ヨガループ」を使うことができます。

無色エネを要求するポケモンならではの採用で、《レックウザVMAX》で仕留め損ねたポケモンを逃さず倒すことができるのが強力です!

このデッキは《オーロラエネルギー》を採用しているので

「ヨガループ」のほかに《チャーレムV》のワザ「スマッシュアッパー」も使うことができます。

《レックウザVMAX》で仕留めそこなった相手を《溶接工》でエネ加速し「ヨガループ」で倒し、《ワタシラガV》でトラッシュの《ボスの指令》を回収、その後《チャーレムV》に《オーロラエネルギー》をつけ《ボスの指令》で相手の《デデンネGX》《クロバットV》を弱点込みで倒し一気に勝負をつけることもできます。

このデッキでは後述の《ヒードランGX》の存在から《チャーレムV》が使いやすくなっています。

炎軸レックウザVMAXデッキの使い方

このデッキは後攻も強いデッキですが、基本的に先攻をとります。

理由は

  • 相手のザシアンVに「ふとうのつるぎ」を使われエネ加速されるおそれがある
  • 先に相手に《ブラッキーVMAX》に進化され進化前の《レックウザV》にやられる恐れがある
  • 先攻で展開される
  • いちはやく《レックウザVMAX》の特性を使える

    あくまで「後攻でも強い」デッキであって、先攻をとれるなら先攻をとりましょう。

    基本は《ボルケニオン》のワザ「フレアスターター」を使い《レックウザVMAX》の準備をします。

    このために《巨大なカマド》や《溶接工》が必要なので《デデンネGX》や《クロバットV》《ポケギア3.0》などを使い強引に引いていきます。

    準備が整えばあとは雷軸の《レックウザVMAX》と同じくポケモンを倒していきます。

    一回限りではありますが、GXワザも狙っていきましょう。このデッキでは《ボルケニオン》や《チャーレムV》からエネルギーをバトンタッチできます。

    「ヨガループ」で追加ターン→いれかえ「バーニングロード」で《チャーレムV》のエネルギーをつけかえ→「ヒートボンバーGX」なども狙う動きも強力なのでぜひ試してみてください!

    ポケカ環境デッキ一覧

    各タイプのデッキレシピ一覧
    関連キーワード
    おすすめの記事