デッキレシピ
こくばバドレックスVMAXデッキ JCS2021マスターリーグ優勝レシピ

マスターリーグ優勝 カゴイケ ダイスケ選手使用 こくばバドレックスVMAXデッキ

ポケモン (17)
こくばバドレックスV
S6K
075/070
4枚
こくばバドレックスVMAX
S6K
037/070
4枚
マホイップV
S3a
079/076
2枚
マホイップVMAX
S3a
032/076
2枚
ゲンガー&ミミッキュGX
SM9
103/095
1枚
オーロット&ヨノワールGX
SM12a
179/173
1枚
マーシャドー
SM12a
064/173
1枚
デデンネGX
SM9a
057/055
1枚
クロバットV
S3
105/100
1枚
グッズ (18)
クイックボール4枚
霧の水晶4枚
ポケモン通信2枚
しんかのおこう2枚
ポケモンいれかえ3枚
ふつうのつりざお1枚
ふうせん2枚
サポート (10)
博士の研究(アララギ博士)4枚
マリィ4枚
ボスの指令(サカキ)2枚
スタジアム (2)
トレーニングコート2枚
エネルギー (13)
基本超エネルギー13枚

公式で編集可能なデッキレシピはこちら

https://www.pokemon-card.com/deck/deck.html?deckID=gP9NnL-UCOP6u-NnLg6n

マホイップVMAXをサブアタッカーに据えた黒馬バドレックスデッキ

《マホイップVMAX》のワザ「かざりつけ」「キョダイホッパー」で爆発力と突破力に優れます。

キーカード解説

こくばバドレックス

特性「めいかいのとびら」で一気にエネ加速をしつつ手札を稼ぐことができます。

このデッキを使う場合は真っ先に《こくばバドレックスVMAX》を複数並べることを目標にします。

アタッカーとサポーターの両方を兼ねます。

環境に多い闘抵抗も魅力的です。

マホイップVMAX

ワザ「かざりつけ」「キョダイホッパー」のどちらも強力です。

「かざりつけ」はデッキからエネ加速ができるところが強力!

「キョダイホッパー」は超高火力で、《こくばバドレックス》で倒せないポケモンを強引に倒しにいくことができます。

弱点が鋼タイプなので《こくばバドレックス》と弱点を分散しているところもポイントです。

選手インタビュー

―――優勝おめでとうございます。本大会を振り返っての感想を教えてください。

今まで参加した大会で初めての本戦出場、初めての決勝戦、初めての配信卓でしたが、対戦中は落ち着いてプレイすることができました。それが優勝という結果に結びついて良かったと思います。

―――使用したデッキと、デッキを決めた経緯を教えてください。

今回の大会は色々なデッキと対戦することになるだろうと予想していたので、まずは自分が強いと思うデッキを使おうと考えました。その中でも使いやすいと感じたこくばバドレックスVMAXについて、オーロット&ヨノワールGXやムサシとコジロウを組み合わせたデッキや、マホイップVMAXと組み合わせたデッキを試しました。

練習を重ねるうちに、マホイップVMAXを組み合わせたデッキの感触が良かったので、今回のデッキに決めました。

―――使用したデッキの特徴を教えてください。

スタジアムにトレーニングコートを採用して、デッキの安定感を高めています。相手のデッキや自分自身の最初の手札に合わせて、こくばバドレックスVMAXとマホイップVMAXどちらでも攻めていける構築にしています。加えてゲンガー&ミミッキュGXとオーロット&ヨノワールGXなど様々な攻め手があることが特徴です。

特にゲンガー&ミミッキュGXは序盤から積極的に「ホラーハウスGX」を狙っていきたいです。サポートの枚数について、こくばバドレックスVMAXデッキは博士の研究・マリィ・ボスの指令が4枚・3枚・3枚と採用されているデッキを多く見ますが、自分は4枚・4枚・2枚といった枚数を採用しています。これはマリィを使った番に、「ホラーハウスGX」を一緒に使えるようにこのバランスにしています。

―――今日の大会で活躍したカードを1枚教えてください。

トレーニングコートです。

このデッキの潤滑油であり、安定感を高めているカードになっています。手札にエネルギーと博士の研究があった際に、博士の研究でエネルギーをトラッシュに送りながら山札を引き、トラッシュのエネルギーをトレーニングコートで手札に加える動きは、こくばバドレックスVMAXの特性「めいかいのとびら」のエネルギーをつけるポケモンを探しながらエネルギーを回収することができるので、非常に強力な動きだと思います。

ポケカ環境デッキ一覧

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事