ポケカのロストゾーンとは? 再利用のできないトラッシュのようなもの!

ロストゾーンとは?

ポケカのロストゾーンとは、一言でいうとほかのTCGでいうところの「除外ゾーン」です。

ロストゾーンはトラッシュと違う場所で、自分のサイドの左側になります。 カードの説明文などに「ロストゾーンに置く」と書かれていたら、この場所にカードを置きます。
ロストゾーンに置かれたカードは、その対戦中は場・山札・手札・トラッシュに戻らず、使うことができなくなります。
ロストゾーンのカードの内容や枚数は、いつでも確認できます。相手のロストゾーンのカードも確認できます。

上の公式サイトの説明通り、ロストゾーンとは第二のトラッシュのようなものです。場所は自分のサイドカードの左側。しかし市販のプレイマットにはロストゾーンの個所が印刷されていないものも多いので、注意が必要です。

他のカードゲームでは除外ゾーンからカードを持ってくるといったカードがあるものも多いですが、ポケカでは「ロストゾーンに置かれたカードは、その対戦中は場・山札・手札・トラッシュに戻らず、使うことができない」と明記されています。今後カードプールが増えてもその仕様は変わらないと思われます。

つまりゲームには戻ってこられないということですね。

一見、枚数に限りのあるデッキにとって、使えるのが一度切りというのは結構な痛手となりますが……

ポケカにおいてロストゾーンの使い道は主に以下の2通りあります。

  1. 自分のロストゾーンの有効活用:自分の一般カードをロストゾーンに送る代わりに強力な効果を持つカード、あるいはロストゾーンに送った一般カードの枚数に応じた効果を持つカード(ギラティナVSTARなど)
  2. ロストゾーンを使った相手への妨害:相手のカードをロストゾーンに送ることで、回収不可能な強烈な妨害性能を持つカード(ロストシティなど)
 
リゲル
ロストゾーンといえばギラティナ!というくらい印象強いですね。

ロストゾーンに関するカード例

ロストアビス」ではロストゾーン関係のカードが大幅に増えました。

イラストにちょっと禍々しい紫色の物体が描かれているのが特徴ですよね。

その中でも今後環境を左右させそうな強力な効果を持ったものを、何枚かご紹介します。

ロストゾーンにカードがあると活躍するカード

ロストゾーンのカードを増やせるカード

ロストゾーンで妨害!

上の二つはどちらかというと、ロストゾーンを代償に自分が見返りを受けるタイプのカードでしたが、純粋に相手のカードを”ロスト”させる妨害的な使い方もできます。

「ロストシティ」はその最たる例です。相手のカードを再利用できなくするというのは、相手の立て直しを不可能にするということでもあるので、非常に強力です!

ロストゾーン まとめ!

  • ロストゾーンとは、その対戦中は場・山札・手札・トラッシュに戻らず、使うことができなくなるトラッシュのようなもの。
  • 場所はサイドカードの左側!でもプレイマットによっては印刷されていないので注意が必要。
  • ロスト効果と引き換えに強力な効果を得たり、相手を妨害したり。今後もどんどん増えそう。

ロストゾーン関連記事

ロストアビス収録カードリスト&考察

強化拡張パック「ロストアビス」収録カードリストと評価

最新情報をチェックしよう!