デッキレシピ
【ポケカ】ピカチュウVMAXデッキ2021!レシピと使い方を解説

ピカチュウVMAXデッキレシピ

ポケモン (22)
ピカチュウVMAX
S4
031/100
3枚
ピカチュウV
S4
030/100
2枚
ピカチュウV
SD
028/127
2枚
モココ
S7R
027/067
4枚
メリープ
S6K
018/070
4枚
ゼクロム
S3a
020/076
2枚
サンダー
S4
035/100
1枚
ガラル ジグザグマ
S4a
110/190
1枚
デデンネGX
SF
005/033
2枚
ミュウ
SM12a
055/173
1枚
グッズ (14)
クイックボール4枚
レベルボール2枚
ポケモン通信2枚
ポケモンいれかえ2枚
ふうせん3枚
リセットスタンプ1枚
サポート (10)
博士の研究(マグノリア博士)4枚
マリィ3枚
デデンネGX2枚
モミ1枚
スタジアム (3)
嵐の山脈3枚
エネルギー (11)
基本雷エネルギー11枚

公式で編集可能なデッキレシピはこちら

https://www.pokemon-card.com/deck/result.html/deckID/LinNgn-3WSjmj-nggQN6/

採用カード解説

キーカード解説
ピカチュウVMAX

デッキの主役カードです。

ワザ「キョダイボルテッカー」は270と大ダメージを与える代わりにエネをトラッシュしてしまいます。

よってエネをトラッシュしたあとは《モココ》でエネを加速して再度「キョダイボルテッカー」を使うようにします。

エネをトラッシュせずに120ダメージを与えるという選択もできるので状況次第では120ダメージ→270ダメージを出していくこともあります。

モココ

このデッキを支える重要なポケモンです。

《ピカチュウVMAX》に必要なエネをエネ加速できる特性「エレキダイナモ」でサポートしていきます。

ほかにも《ゼクロム》や《サンダー》などのサポートもしていきます。

ゼクロム

《ピカチュウVMAX》のワザ「キョダイボルテッカー」は強力ですが、VMAXポケモンを倒すには一歩足りません。

そこで「ワイルドショック」で相手のポケモンを削り、マヒ状態にして動きを止め《ピカチュウVMAX》でトドメをさします。

サンダー

「スナイプサンダー」により、「キョダイボルテッカー」で仕留めそこねベンチに逃げたポケモンにトドメをさします。

また、相手のベンチにいる《デデンネGX》を一撃で倒すことができます。

嵐の山脈

このデッキは《モココ》をできるだけ揃えたいため、場を整えるのにとても便利なスタジアムです。

ほかにも《ピカチュウV》を場に出したりすることができます。

ガラル
ジグザグマ

特性と組み合わせることでHP280の《アルセウス&ディアルガ&パルキアGX》を「キョダイボルテッカー」で一撃で倒すことができます。

モミ

《ピカチュウVMAX》はワザを使ったあとエネをすべてトラッシュするため、《モミ》によるHP全回復の際に生じる「エネをトラッシュする」というデメリットが発生しません。

ダメージを受けた《ピカチュウVMAX》を回復させていきましょう。

ピカチュウVMAXデッキの使い方

このデッキは《ゼクロム》で相手のVMAXポケモンを削り、《ピカチュウVMAX》でトドメをさして試合を有利に進めていくことを目標にしたデッキです。

嵐の山脈でモココなどを揃える

《嵐の山脈》を使い、場に必要なポケモンを揃えていきましょう。

重要度は《メリープ》>《ピカチュウV》>《ゼクロム》>《サンダー》の順です。

《メリープ》はできれば場に2体は出しておきましょう。

モココに進化しゼクロムやピカチュウVMAXで攻撃

《モココ》に進化することで場のポケモンが攻撃できるようになります。

ここで相手がVMAXポケモンなら《ゼクロム》を。

相手がタッグチームポケモンなら《ピカチュウVMAX》で攻撃していきます。

《ゼクロム》はVMAXポケモンのHPを削る役割ですが、HP270~280のポケモンなら《ピカチュウVMAX》の「キョダイボルテッカー」で直接倒すことができます(相手がHP280のタッグチームの場合はガラルジグザグマの特性を使います)。

ピカチュウVMAXがダメージを受けたらモミで回復!

《ピカチュウVMAX》がダメージを受けて次の攻撃で倒されそう……なときは《モミ》を使って回復!「キョダイボルテッカー」でエネをトラッシュしているので、デメリットなしで《モミ》で全回復することができます。

本来なら取られるサイド3枚分得することになり、一気に差をつけることができます。

ピカチュウVMAXの現在について

《エレキパワー》《サンダーマウンテン◇》《カプ・コケコ◇》の雷タイプ「三種の神器」がスタン落ちして以降、雷タイプは大幅な弱体化を受けました。

また、登場時は270ダメージを出せることはタッグチームを倒せることや《エレキパワー》の重ね掛けでVMAXポケモンを倒せるなど《ピカチュウVMAX》は環境に入るデッキではないかと注目されていました。

しかし競技シーンでは「キョダイボルテッカー」によるエネトラッシュが重く、同じ雷タイプのデッキでは《ピカチュウ&ゼクロムGX》のほうが使い勝手が良く勝率は高めでした。

たしかに《エレキパワー》などの火力アップはできなくなりましたが、《モココ》の登場によりエネルギー方面の問題に関しては確実に現在のほうが使いやすくなっています。

とはいえ、《モココ》を使うデッキには《レックウザVMAX》という強力なライバルがあります。

《レックウザVMAX》はダメージも青天井(上限がない)系で、さらに弱点もありません。

一方《ピカチュウVMAX》はドラゴンタイプと違い弱点をつくことはできるものの、闘タイプ弱点であるため《れんげきウーラオスVMAX》に弱点をつかれてしまいます。

これが現在《ピカチュウVMAX》が活躍できない主な理由です。

しかし《ピカチュウVMAX》は決して弱いデッキということではなく、使い方やマッチング次第では大会で優勝できるポテンシャルは十分あるデッキだとおもいます。

ポケカ環境デッキ一覧

各タイプのデッキレシピ一覧
関連キーワード
おすすめの記事