デッキレシピ
【強い】リーフィアVMAXのデッキレシピと使い方を解説!

リーフィアVMAXデッキレシピ

ポケモン (22)
リーフィアVMAX
S6a
003/069
3枚
リーフィアV
S6a
002/069
4枚
インテレオン
S4a
041/190
1枚
インテレオン
S5a
018/070
1枚
ジメレオン
S4a
040/190
4枚
メッソン
S5a
016/070
4枚
ミュウ
SM12a
055/173
1枚
マーシャドー
SM12a
064/173
1枚
ガラル ジグザグマ
S4a
110/190
1枚
デデンネGX
SF
005/033
1枚
レパルダスV
S6H
047/070
1枚
グッズ (15)
クイックボール4枚
レベルボール3枚
ポケモンいれかえ3枚
スノーリーフバッジ1枚
しんかのおこう1枚
ポケモン通信1枚
ツールジャマー1枚
うねりの扇1枚
スタジアム (4)
ガラル鉱山4枚
エネルギー (9)
基本草エネルギー5枚
キャプチャーエネルギー3枚
アロマ草エネルギー1枚

公式で編集可能なデッキレシピはこちら

https://www.pokemon-card.com/deck/result.html/deckID/LP6ngQ-yjgO5J-NQLiLn/

リーフィアVMAXデッキ評価

扱いやすさ★★★★
安定性★★★
おすすめ度★★★

デッキの使い方がとてもシンプルでわかりやすく初心者におすすめのデッキです。

リーフィアVの特性とキャプチャーエネルギーにより安定感も抜群!

一方で草タイプは登場時点では環境で強いタイプということでもなく、環境上位のポケモンに弱点をつくことができない割に強力な炎タイプのポケモンたちに弱点をつかれます。

タイプ的にはそれほど強くないデッキですが、今後弱点をつくポケモンが増えればリーフィアは相対的に強くなるでしょう。

リーフィアVMAXデッキの使い方

ガラル鉱山+リーフィアVMAXのワザ「くさむすび」を2ターン目に使えるように動きます。

基本的には必要エネが少なく与えるダメージが高い「くさむすび」を中心にワザを使っていきますが、「ダイリーフ」はHPを回復することができるのでトドメをさせたり弱点をついて一撃で倒せるならダイリーフを狙っていくのもありです。

キーカード解説

1.リーフィアVにキャプチャーエネルギーをつけメッソンを呼ぶ

《リーフィアV》は特性で草エネルギーをデッキから持ってくることができます。

また無色を1エネぶん参照するので《キャプチャーエネルギー》を無理なく使うことができます。

《メッソン》をデッキから呼び出しましょう

リーフィアV

2.リーフィアVの特性で草エネを加速する

リーフィアVの特性でデッキから基本草エネルギーをエネ加速!

キャプチャーエネルギーを多めに採用しても安定して草エネルギーをつけることができエネ事故知らずなのがリーフィアVの強みです

ジメレオン

3.ジメレオンでガラル鉱山orしんかのおこうをサーチ

リーフィアVMAXの進化のためのグッズをサーチしましょう。

手札のカードで《リーフィアVMAX》に進化できるなら《ガラル鉱山》をサーチ。

手札枚数に余裕があるなら《グズマ&ハラ》をサーチするのも◎。

《グズマ&ハラ》で《スノーリーフバッジ》・アロマ草orキャプチャーエネルギー・《ガラル鉱山》をサーチしキーカードが揃います。

どちらも手札にない場合は《博士の研究》などで無理やり引きにいくのもいいでしょう

ガラル鉱山

4.ガラル鉱山を場に出す

ガラル鉱山は《リーフィアVMAX》のワザの威力アップアイテムのような感覚で使えます。

相手のリセットホール《マーシャドー》やスタジアムの張替えによりトラッシュされやすいので、4枚採用しています。

このデッキの要となるカードです

リーフィアVMAX

5.リーフィアVMAXでくさむすびを使っていく

ガラル鉱山でワザの威力が上がった《リーフィアVMAX》で攻撃。
三神相手であれば逃げエネが5エネになり300ダメージ。

環境に多くいるポケモンは逃げエネが2のため、240ダメージ。Vポケモンならほぼ倒すことができます。

ただし抵抗力の関係でリーフィアだけでは《ザシアンV》は倒すことができないので《ガラルジグザグマ》でダメカンを乗せて倒しましょう

リーフィアVMAXの強いところと惜しいところ

強いところ

リーフィアVMAXの強さを支えているのはキャプチャーエネルギーを多めに採用しても基本草エネルギーは特性により確実につけることが保証されているところです。

そしてカードが揃えば2ターン目というかなりの序盤から240ダメージを出すことができます。

ほとんどのVポケモンを倒すことができる威力を持っており、なおかつはくばバドレックスVMAXのようにエネをトラッシュする必要がありません。強い!

さすがにVMAXを一撃で倒すことはできませんが、進化前のVポケモンをボスの指令で呼び出して倒すなんてこともできます。

惜しいところ

環境に弱点をつくことができるポケモンが少ないところと、草タイプの抵抗力を持っているポケモンがとても多いところが惜しいところです。

強力な炎タイプのポケモンたちに弱点をつかれるのも痛いところ。スノーリーフバッジで弱点を消すことができるものの、ツールスクラッパーなどでトラッシュされるため過信はできません。

リーフィアVMAXは強いですが、登場時点では草タイプは決して強いタイプとはいえない点が惜しいところです。

弱点をつくことができるポケモンはブラッキーVMAXなど一部の悪タイプ、セキタンザンVMAXなど一部の闘タイプ。

抵抗力を持っているのはザシアンVなど鋼タイプです。今回のデッキ構築はザシアンを意識しています。

対三神ザシアン

三神の逃げエネが3エネの関係上、カードさえ揃えばリーフィアVMAXが300ダメージを出すことができます。

アルティメットレイを使わせないようにすれば、比較的ラクにゲームの流れを掴むことができ勝つことができます。


ただしザシアンVが抵抗力を持っているため、リーフィアVMAX側はジグザグマやインテレオン、げんきのハチマキなどを使わないとガラル鉱山+くさむすびで倒すことができません。

今回は序盤はガラルジグザグマ、後半はインテレオンの特性でダメカンを乗せることでリーフィアVMAXの打点を補助する構築となっています。

各カード採用理由

メッソンライン

《キャプチャーエネルギー》を最大限に使える強みを活かすために今回はメッソンを中心にしました。


ツールジャマー

《レパルダスV》と《ツールジャマー》を両方採用しています。

このデッキは相手の《ふうせん》により逃げエネが2減ると《リーフィアVMAX》のワザのダメージが減ってしまいます。

そのため《グズマ&ハラ》でサーチできる《ツールジャマー》を採用。

《クイックボール》経由でサーチできる《レパルダスV》も採用し安定感を高めています。

《大きなおまもり》に強く出れるのも◎。


ガラルジグザグマ

《ザシアンV》はガラル鉱山込みでも240-30の210ダメージでちょうど10ダメージ足りません。

《げんきのハチマキ》か《ガラルジグザグマ》のどちらかを採用することでちょうど倒すことができます。

今回は《レベルボール》でサーチしやすい《ガラルジグザグマ》を採用しています。


ダンデ

《ミュウツー&ミュウGX》や《ブラッキー&ダークライGX》を《ダンデ》+《ガラル鉱山》でちょうど270ダメージで倒すことができます。

スノーリーフバッジ

《リーフィアV》の逃げエネを0にできるのが便利です。

対炎タイプを重視するなら枚数を増やすのもアリ。

うねりの扇

相手の《ハイド悪エネルギー》対策です。

《ハイド悪エネルギー》は逃げるエネルギーを0にしてしまうためリーフィアデッキの天敵です。

特殊エネルギーをデッキに戻すことができる、《うねりの扇》を使って対策をします。

おわりに

今回はリーフィアVMAXのデッキレシピを紹介しましたがいかがだったでしょうか?ポケカタクティクス!編集部ではほかにもデッキレシピを研究をしているので、ぜひこのデッキが良かったとおもった方は他のデッキも読んでいただけると幸いです。

リーフィアVMAX収録イーブイヒーローズカードリストはこちら

各タイプのデッキレシピ一覧
関連キーワード
おすすめの記事