ウッウロボなしミュウVMAXデッキレシピ(トレッキングシューズ採用型)!

ウッウロボが不要の安く組めるミュウVMAXデッキレシピ

 
リゲル
今回は今とても高騰しているウッウロボを採用せず、安く楽しくミュウVMAXが楽しめるデッキを紹介します。

ポケモン (14)
ミュウVMAX
S8
040/100
3枚
ミュウV
S8
039/100
3枚
ゲノセクトV
S8
069/100
4枚
メロエッタ
S8
048/100
2枚
オドリドリ
S8
017/100
1枚
バケッチャ
S7D
016/067
1枚
グッズ (28)
クイックボール4枚
ハイパーボール4枚
バトルVIPパス4枚
霧の水晶2枚
パワータブレット4枚
こだわりベルト2枚
トレッキングシューズ4枚
ポケモンいれかえ3枚
あなぬけのヒモ1枚
サポート (8)
カミツレのきらめき4枚
ボスの指令(アカギ)3枚
ダンデ1枚
スタジアム (3)
コトブキムラ2枚
結晶の洞窟1枚
エネルギー (7)
フュージョンエネルギー4枚
ダブルターボエネルギー2枚
基本超エネルギー1枚
デッキコードをコピーする

トレッキングシューズでウッウロボを代用したミュウVMAXデッキ!

動きそのものは今までの「先攻で強い《ミュウVMAX》」「後攻で強い《メロエッタ》」の【ミュウVMAX】デッキと変わりありません……が、

キーカード

記事執筆時点ではポケカのスタンダード史上もっとも高騰しており1万5000円以上する《ウッウロボ》

このカードは【ミュウVMAX】を組むうえでとても高い壁となり、このカードを持っていないからデッキを組むことができない、もしくは妥協する……なんてことがあるプレイヤーも多いと思います。

しかし!新たに登場した《トレッキングシューズ》を使うことで

《ウッウロボ》ほどではないものの、後攻1ターン目で強いワザ「メロディアスエコー」が決まりやすくなったのです。

使用感

いたって普通の【ミュウVMAX】のようにデッキを回すことができます。

違いは《ウッウロボ》と《トレッキングシューズ》の性質の問題です。

トレッキングシューズ

グッズ
自分の山札を上から1枚見て、そのカードを手札に加える。または、そのカードをトラッシュし、自分の山札を1枚引く。

グッズは、自分の番に何枚でも使える。

《トレッキングシューズ》は必要なカードならそのまま加え、その場で不要(例えばベンチを並べ切った状態のバトルVIPパス)ならトラッシュすることができます。

単純に好きなカードや欲しいカード、たとえば《カミツレのきらめき》を引けるようになったりするようになります。

また、《ウッウロボ》のように手札を減らすことができるので《ゲノセクトV》の特性「フュージョンシステム」と相性が良いですね!

キーカード

ウッウロボとトレッキングシューズの使用感の違い

そもそも《ウッウロボ》そのものが説明が難しいカードなので《トレッキングシューズ》を基準に違いを説明すると(この説明はのちに修正・追加される可能性があります)

トレッキングシューズ採用型の優れているところ

  • コイントスに依存しないため計画を立てやすい。
  • デッキの回転がよくなることが保証されているため、手札は確実に良くなる。

トレッキングシューズ採用型の惜しいところ

  • 《バトルVIPパス》をトラッシュすることができないため「フュージョンシステム」のドローの妨げになる。
  • 《ウッウロボ》はコイントスに成功すれば《フュージョンエネルギー》を手札に加えることもできる。「メロディアスエコー」時の場の《フュージョンエネルギー》の枚数は《ウッウロボ》型に比べると2枚の状況になりやすい。

一般的に【ミュウVMAX】と相性が良いカードである《バトルVIPパス》《フュージョンエネルギー》《ゲノセクトV》との相性が《ウッウロボ》のほうがやはり良いですが、十分【ミュウVMAX】を楽しめます。

それに、《ウッウロボ》も「ウラが出てサーチができないときがある」ということも忘れてはいけません。

上ぶれは《ウッウロボ》が強いですが堅実な《トレッキングシューズ》も十分ありだとおもいます。

筆者の意見では《ウッウロボ》は「持っていないならベストではないがベター」という感想です!

 
リゲル
ウッウロボがないからミュウをあきらめるのはもったいない!ぜひ組んでみませんか?

ポケカ環境デッキ一覧

【Tier早見表】ポケカ環境デッキレシピ一覧&最強デッキランキング2022!

最新情報をチェックしよう!