【ポケカ新弾】パラダイムトリガー収録カードリストと評価

2022年10月21日(金)に発売されるポケカの新拡張パック「パラダイムトリガー」の収録カードをリスト化し予約情報まで最新情報をまとめています。

目次

パラダイムトリガーはルギアが主役!

「パラダイムトリガー」では《ルギアVSTAR》が主役となっています。

パラダイムトリガー商品情報

商品名ポケモンカードゲーム ソード&シールド
拡張パック「パラダイムトリガー」
発売日2022年10月21日(金)
定価1パック:165円(税込)
1BOX(30パック):4,950円(税込)
内容物1パック:カード5枚入
収録枚数???種類+シークレット枠

カードの評価基準

評価評価基準
S環境最上位と予想されるポケモン・ほとんどのデッキに必須となる汎用カード
Aほぼ環境入りが予想されるポケモン・一部を除きほとんどのデッキに多く採用されるカード
B工夫次第で環境入りできるポケモン・デッキによっては採用を検討できるカード
C使用される使用される機会は少ないが今後何らかの形で評価が上がる可能性があるカード
D使いどころが難しいカード。

パラダイムトリガー収録ポケモンV

海外で「パラダイムトリガー」に当たるパック「Silver Tempest」の情報などから登場するポケモンが一部判明しています。

ルギアVSTAR(評価:B)

○ ルギアVSTARの強い点

○ VSTARパワーが強力

《アーケオス》を2匹場に出すのが基本となるでしょう。


○ ワザによってスタジアムを破壊することができる。
しかも自分のタイミングで選べます。

✕ ルギアVSTARの弱い点

✕ ワザがひとつしかない


✕ 最大ダメージが少ない
《パワフル無色エネルギーで補いましょう。》

「ルールを持たないポケモン」なら進化後でもトラッシュからベンチに出すことができます。

詳しくは下記記事。

ルギアVSTARのみんなの評価と使い方を徹底解説!

ルギアV

○ ルギアVの強い点

○ HPが220

HPが210の進化前Vと220の進化前Vではかなりの差があります。。

○ 強力なポケモン《ルギアVSTAR》に進化できる。

✕ ルギアVの弱い点

攻撃ワザが弱い上にエネ要求が多い


「かぜよみ」をすると相手ターンで倒されるリスク大
良くも悪くも《ルギアVSTAR》の進化前として割り切りましょう。

レジドラゴVSTAR(評価:B)

VSTARとして登場。タイプはドラゴン。

○ レジドラゴVSTARの強い点

○ あらゆるドラゴンタイプのワザが使える

今後ドラゴンタイプが登場するたびにこのポケモンは強くなります。

○ 状況に応じてワザを使い分けることができる

✕ レジドラゴVSTARの弱い点

✕ 草草炎でワザが使えない

強すぎるので仕方ないと思いますが、草エネ2と炎エネ1の混色で現実的にワザを使うのは並大抵のことではありません。


✕ トラッシュにドラゴンタイプがいないと何もワザが使えない
手札を経由してドラゴンタイプをトラッシュするのは相当難しいです。

詳細は↓で研究しています。

レジドラゴVSTARのみんなの評価と使い方を徹底解説!

レジドラゴV

最低限のワザを持ってますができればベンチで安全に進化しましょう。

レジエレキVMAX(評価:A)

こちらは《レジドラゴVSTAR》と違いVMAXでの登場。

○ レジエレキVMAXの強い点

○ パルキアに弱点をつける強い雷タイプ

雷タイプは強力なポケモンが少ないので《オリジンパルキアVSTAR》が強い環境が続いていますが、水環境に終止符をうつのか。

○ 味方たねのダメージを+30!

珍しいサポーターとしてのVMAXポケモン。《ライコウV》や《ゼクロム》などのワザのダメージを《こだわりベルト》並にあげれます。

○ 逃げエネが0!

✕ レジエレキVMAXの弱い点

✕ 本体が弱い

特性が強すぎるので仕方ないと思いますが、ワザは最低限の微妙さ。


✕ ダメージアップはたねポケモンのみ
VSTARなど進化ポケモンのワザのダメージはさすがにあげられないのは残念。

レジエレキV

オムスターV(評価:D-)

○ オムスターVの強い点

○ 化石を場に出すことで場を安定させられる

○ 「げんしのみちびき」の要求エネは無1枚

○ もうひとつのワザもまぁまぁ強力

✕ オムスターVの弱い点

✕ ワザは単に化石を出すだけなので隙が生まれる

✕ 隙だらけのバトル場にいるこのポケモンを倒される可能性大

✕ しかもポケモンVなので取られるとサイドを2枚も持ってかれる
✕ 化石ポケモンは非Vの準備に時間がかかる集団なためできれば採用を避けたいカード。

ヒスイウインディV(評価:B-)

○ ヒスイウインディVの強い点

○ 特性により闘エネを集めることができる

○ 「たけるとうき」《ルカリオ》や《アルセウスVSTAR》などさまざまな組み合わせが考えられる

○ たねポケモンなので《タフネスマント》対応。

✕ ヒスイウインディVの弱い点

✕ 単なるポケモンVなのでVSTARパワーを持たない

✕ ワザに必要なエネは多い

✕ 闘エネを加速する手段は増えたものの実用的なカードは少なめ

アンノーンVSTAR(評価:B-)

○ アンノーンVSTARの強い点

○ VSTARパワーを使うために生まれたポケモン。

○ 《こだわりメガネ》を使うことで常時3倍ダメージを出すことができる

○ 超タイプなので《こくばバドレックスVMAX》対応

✕ アンノーンVSTARの弱い点

✕ このVSTARパワーをつかったあとバトル場に居続ける必要がある

✕ その割にHPは低い

✕ やられるとコンセプト破綻。使うなら全力で守る工夫を

まさかの「アンノーン」がVSTAR化。超タイプです。

アローラロコンVSTAR》のように原作でHPが低いポケモンはVSTARになったとしてもHPが低くされれいます。

過去に登場した「アンノーン」たちはかなり曲者揃いで今回の《アンノーンVSTAR》もVSTARパワーはかなり特殊なものとなっています。

アンノーンV

ブリガロンV(評価:C)

 

○ ブリガロンVの強い点

○ HPが高い

○ 特性によりダメカンを3つ乗せる

○ 特性によりダメージを受けるとダメカンを3つ乗せる

原作のワザ「ニードルガード」を再現していますね。

○ 特性は重複する

○ 一回ワザをくらうと最大12個ダメカンを乗せれる

流行のロスト《ウッウ》を返り討ちにできます。

○ タフネスマント対応

 
スピカ
大量に場に出されると嫌な顔をされそうだぜ。
✕ ブリガロンVの弱い点
✕ ワザが130と最大ダメージが少ない
✕ 逃げるエネルギーが4と重すぎる
✕ ワザに必要なエネが合計3エネと多い
《アルセウスVSTAR》のワザか《ミラージュゲート》が現実的ですが……

スカタンクV(評価:D)

○ スカタンクVの強い点

○ おいうちボムでベンチ攻撃ができる


○ 前のターンに逃げたポケモンに120ダメージを与える

○ ワザ「ぜっきょうポイズン」のどく・こんらんが強力

「マヒ」の次に強力な特殊状態「こんらん」にできる点は強力。

✕ ルギアVSTARの弱い点

✕ 現在のポケカで「にげる」ことは稀で有効な場面が少ない

ほとんど《回収ネット》《ポケモンいれかえ》などでいれかえられます。


✕ ベンチは弱点を計算しない
せっかくの悪タイプベンチ攻撃ですが弱点をつくことができません。

✕ どちらのワザも出せるダメージが低い

パラダイムトリガー収録 ポケモン

キレイハナ(評価:E)

モジャンボ(評価:E)

アリアドス(評価:D)

ビリジオン(評価:C)

ギャロップ(評価:A)

ウルガモス(評価:D)

 

ビクティニ(評価:B-)

○ ビクティニの強い点

○ 《リザードンVSTAR》など炎エネ要求の多いポケモンにエネ加速!

○ やられても《キバナ》でエネ加速をすれば合計3枚のエネ加速!

○ 倒されてもとられるサイドが1

✕ ビクティニの弱い点

ワザのダメージはあるとはいえやや弱い

エネ加速したあとの仕事がない

ガオガエン(評価:C-)

○ ガオガエンの強い点

○ 進化前のワザがつかえる

○ 《ニャヒート》のワザ「ふんばりクロー」でHP10耐える。

✕ ガオガエンの弱い点

ふしぎなアメでスキップできない


高速化したポケカに何ターンもかけて攻撃するのは現実的ではない
インフレしたガチ環境にはやや不向きです。

ニャヒート(評価:C)

ユキワラシ

オニゴーリ(評価:D)

ユキメノコ(評価:C)

○ ユキメノコの強い点

○ ワザで最強の特殊状態「マヒ」にできる

○ ワザに必要なエネが1エネと軽い

✕ ユキメノコの弱い点

良くも悪くも《スズナ》を使わないといけない(他のサポートが使えない)

1進化であり速度が遅め

ジーランス

ケルディオ(評価:C)

三闘を集めることで220ダメージを出すことができます。

ライチュウ

レントラー(評価:B)

たねポケモンが少ないデッキの救世主といえるポケモン。

後攻1ターン目で特に強力です。

 

ゼラオラ(評価:C)

○ ゼラオラの強い点

○ 《ルギアVSTAR》《オリジンパルキアVSTAR》に120ダメージを出せる

○ 《レジエレキVMAX》や《こだわりベルト》で雷弱点VSTARを一撃で倒せることも

○ 倒されてもとられるサイドが1

✕ ゼラオラの弱い点

✕ ワザのダメージが上がっても60ダメージなのでワンパン狙いは微妙


エネ加速したあとの仕事がない

エレザード

チャーレム

 

シンボラー

ランクルス

オーベム(評価:D)

デデンネ(評価:C)

ネンドール(評価:C)

○ ネンドールの強い点

○ 貴重な闘エネ加速

○ 《ザクロ》《ともだちてちょう》を使うことで条件を満たすことができる

○ ベンチのネンドール1匹につき1回特性を使える(2匹いれば2加速)

○ 倒れるとトラッシュに送られる今回の《ヒスイウインディV》と相性がいい

✕ ネンドールの弱い点

✕ サポートがほぼ構築段階で使えない(ザクロくらい)

✕ 1進化なため進化前をどう持ってくるか難しい

✕ 単なる闘エネ加速ならすでに充実している

ルガルガン

イシヘンジン

アノプス(評価:C)

弱点がつきやすい闘タイプに加えてワザが強力かつ《レベルボール》に対応。

《アーマルド》に進化しなくても戦える可能性があるポケモン。

とはいえ進化前の「なぞの化石」を使い回す工夫をしないと進化前がなくなるという欠点もあります。

アーマルド(評価:D)

様々なコンボを使えばワザで即きぜつさせることができます。

が、VSTAR環境になってからはこの手のワザをメインにするのは速度が追いつかなくなっている現状があります。

テラキオン

レパルダス

ゴロンダ(評価:E)

 

《ゴロンダ》に進化するとタイプが変わるので注意。

ドラミドロ

モルペコ

 

ガラルニャイキング

 

ボスゴドラ

 コバルオン

トゲデマル

 

カイリュー

オンバーン

ジガルデ

 

アーケオス(評価:A+)

○ アーケオスの強い点

○ 唯一の特殊エネルギー2加速

○ 《ルギアVSTAR》の特性で出すことができる

✕ アーケオスの弱い点

✕ 2進化であるため普通に出すことが難しい

ヒスイウォーグル(評価:D)

デカグース

 

ケンタロス

 

シェイミ

パラダイムトリガー収録 サポート

ジンダイ(評価:B+)

○ ジンダイの強い点

○ 手札調整をできるデッキなら大量ドローを狙える

最大10枚ドローでき後半に一気に手札を稼げます。

✕ ジンダイの弱い点

✕ 発動条件が厳しい

《ハイパーボール》など手札をトラッシュするカードと組み合わせないと《ジンダイ》を使う状況に持っていくことができません。

《ビーダル》を採用するタイプのデッキと相性が良さそうですね。

✕ 手札にサポートカードがもう1種類あるとだぶつく

スズナ(評価:C)

○ スズナの強い点

○ 水ポケモンと基本水エネルギーを一気に集めることができる

○ 《ユキメノコ》《オニゴーリ》のワザを強化できる

○ 「きままにおよぐ」デッキなどでも採用が見込める

✕ スズナの弱い点

✕ 基本水エネルギーは《たっぷりバケツ》で集めやすい


✕ 水のサポートには強力な《カイ》がいる


かわいいので女の子SRとしてコレクター需要アリ。

いつ注目されるかわからないので落ち着いたころにSRを集めると吉。

ワタル(評価:C)

○ ワタルの強い点

○ ドラゴンタイプを進化たね問わず一気に3枚集められる

○ 《レジドラゴVSTAR》のワザで使うポケモンを集めやすい

✕ ワタルの弱い点

✕ 集めるポケモンがVのみなら《冒険家の発見》で良い


✕ グッズでも代用できる効果をサポートで使うのは微妙


✕ ドラゴンタイプ限定なので汎用性はなし

さぎょういん

○ さぎょういんの強い点

○ 相手の《頂への雪道》をトラッシュしながらドローできる

○  単なる3枚ドローとしても使用可能

✕ さぎょういんの弱い点

✕ スタジアムをトラッシュする手段は他にもある


✕ 《頂への雪道》をトラッシュするために《ネオラントV》でサーチという使い方ができない

《ネオラントV》の特性が無効になっているため使えません。

パラダイムトリガー収録 グッズ

森の封印石(評価:S)

○ 森の封印石の強い点

○ 単純かつ強力なVSTARパワー

○ 状況に応じてサーチ先を選べる

○ 《ミュウVMAX》にVSTARパワーを与えることができる

○ なぜか公式裁定で《頂への雪道》中でも《森の封印石》のVSTARパワーを使える

✕ 森の封印石の弱い点

VSTARパワーありきの環境トップVSTAR組には縁がない


他のVSTARパワーのほうが強い場面ももちろんある


《ツールジャマー》を持っている相手には【バトル場では】発動できない

ベンチに戻る必要があります。

大地の封印石(評価:D)

○ 大地の封印石の強い点

○ 相手のポケモンVを残りHPを100にする

○ 要求エネが無色3つとまぁまぁクリアしやすい

○ 《ゲッコウガV-UNION》で一掃することができる

✕ だいちの封印石の弱い点

同期の《森の封印石》があまりにも強すぎるため枠がない


このワザを必要とするポケモンVは《ゲッコウガV-UNION》など限られる


要求エネが合計3エネと結構重い割に勝利に直結しない

逆に同期はなぜあんなに強くしたのか気になります。

なぞの化石

○ なぞの化石の強い点

○ あらゆる化石ポケモンの進化前

○ グッズサーチで持ってくることができる上

○ ダメカンを乗せられ危なくなったらトラッシュすることができる

✕ なぞの化石の弱い点

ふつうのたねポケモンと違いスタートで置けない


ふつうのつりざおやレスキューキャリーやクララで回収不可
スタンダードレギュレーションでもかなり特殊なカード。

使うならルールを覚えてから使いましょう。

クワッドストーン(評価:D)

注目の非エクコンボ!

ジーランス

《なぞの化石》を探すことによって《アノプス》のダメージ量のアップに貢献します。

その後のかせきポケモンの展開もしやすくなりますね。

ケルディオとポケカの三闘

《ケルディオ》はベンチに三闘がいれば220ダメージ。ベンチも割りと空くので《マナフィ》を出すこともできます。

進化前Vポケモンなら倒せるライン。《ツインエネルギー》や《モスノウ》《オリジンパルキアVSTAR》に対応となかなかナイスなポケモン。

ロストギミックと組み合わせて他のタイプと混ぜるのも面白いですね。

以下は三闘の紹介。

コバルオン(評価:B)

環境トップが悪ポケモンになれば汎用カードになりかねない、環境に左右されるカード。

テラキオン(評価:C)

《ケルディオ》を軸にするなら単なるベンチウォーマーになってしまいますが、逃げエネが多いのに注意。

《ふうせん》でタダで逃げれません。

ビリジオン(評価:B)

サブアタッカーとして優秀。

草弱点をつけるポケモンは少ないですし、ワザのダメージ量は控えめです。

が、必要エネがなんでも良いのがポイント。

今後のポケカ商品発売スケジュール

2022年10月21日パラダイムトリガー 収録カードリスト
2022年10月21日ミステリーボックス 収録カードリスト
2022年11月4日スペシャルデッキセット「リザードンVSTAR」VS「レックウザVMAX」
2022年12月2日VSTARユニバース 収録カードリスト
2022年12月2日スペシャルセット「コンゴウ団」「シンジュ団」 収録カードリスト
2022年12月16日ジャンボカードコレクション ラプラス
ジャンボカードコレクション ミュウ
ジャンボカードコレクション ラティアス
最新情報をチェックしよう!