デッキレシピ
【ポケカ】どのデッキにも入る最強サポート!?博士の研究の評価や使い方を徹底解説

博士の研究(マグノリア博士)のカード評価

総合評価Sランク(汎用性最高)

博士の研究はだいたいこんなカード

  • ソード・シールドシリーズ最強クラスのドローサポートカード。
  • 最大ドロー枚数は驚異の7枚。
  • ソード・シールドシリーズのサポートでもこれ以上引けるサポートカードは(特殊な場合を除き)存在しない。
  • 持っているカードはすべてトラッシュしてしまうが、逆にメリットになることもある。

博士の研究(マグノリア博士)のカードテキスト

サポート
自分の手札をすべてトラッシュし、山札を7枚引く。

サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

博士の研究(マグノリア博士)解説

ソード・シールドシリーズ屈指の最強クラスのサポートカードで、ほとんどのデッキで3~4枚採用されています。

「ポケモンカードはドローがよくできるカードゲーム」と言われることがしばしばあるが、その中でも博士の研究は群を抜いて強いサポートです。

そのドロー枚数はなんと7枚。しかし1枚から7枚ドローするわけではなく、持っているカードを捨てた上で7枚ドローします。

そのため使うためには工夫が必要となる場合もあります。

博士の研究の使い方

博士の研究は7枚ドローの前に手札を捨ててしまうので、もちろん重要カードをキープしながらドローするといったことはできません。

よって、できるだけ手札のカードを使い切った上で使うことが基本となります。

VMAXポケモンなど進化できず手札に余らせている進化ポケモンは《ポケモン通信》でデッキに戻したあとにたねポケモンと交換し、場にポケモンを出したあとで《博士の研究》を使うと良いでしょう。

また、手札をトラッシュすることがメリットとなることもあります。

たとえばトラッシュからエネルギーをつける手段を持っているデッキでは基本エネルギーを多めに採用し、《博士の研究》でエネルギーを一気にトラッシュしエネをつけていくといったこともできます。

《ボスの指令》など重要なサポートを捨ててしまうこともあるかもしれないが、サポートカードは《ワタシラガV》で回収することもできます。

博士の研究と他のドローサポートカードの比較

マリィ

博士の研究よりもドロー枚数が少ないが、相手の手札を4枚まで減らせる可能性のあるカードです。

さらにデッキの下に戻す効果なので重要カードをトラッシュに送らずに済みます。

その代わりに、手札に加えるカードは5枚と《博士の研究》と比較すると2枚少ないです。

マリィ・博士の研究はソード・シールドシリーズのサポートカードでも屈指の強さであり、両方採用し使い分けるのが良いでしょう。

エリカのおもてなし

「特殊な状況を除き」もっともドロー枚数が多い博士の研究だが、「特殊な状況」ではエリカのおもてなしのほうが多くドローできます。

その「特殊な状況」とは対ムゲンダイナVMAXのときです。

ムゲンゾーン発動中はベンチにポケモンを8体並べるため手札をキープしながら最大9枚ドローができます。

とはいえ相手の場が少ない状況ではドロー枚数はそれほど多くなく、また対戦相手が必ずしもムゲンダイナVMAXとは限らないため、採用枚数は1枚程度に限られます。

冒険家の発見

厳密にはドローサポートではなくサーチカードですが、《クロバットV》を手札に加えることで実質的なドローサポートにもなります。

こちらは手札をキープしながらさらに手札を増やすことができます。

《博士の研究》と比較するとV-UNIONやVMAX進化ラインなど狙ったポケモンをサーチすることができます。

一方で「ジメレオン」などの非Vポケモンやグッズを手札に加えることはできません。

Vポケモンが多く採用されているデッキでないとうまく使えないため、汎用性では《博士の研究》に劣ります。

博士の研究を採用するデッキ例

上記記事のレシピからもわかるように、基本的によほどのことがない限りデッキに3~4枚採用されています。

手札を増やすカードが多いデッキでは3枚採用なこともあるが、手札を増やすカードを採用していたとしても博士の研究が採用されることからその強力さがうかがえます。

博士の研究を採用しないデッキ例

たとえば【悪パーフェクション】は《タッグコール》と《シロナ&カトレア》で手札を増やすことができるため《博士の研究》は採用されていません。

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事