デッキレシピ
マチスの作戦の評価と使い方!採用デッキを解説

マチスの作戦のカードテキスト

サポート
このカードは、自分のサイドの残り枚数が、相手より多いときにしか使えない。

この番、自分が使えるサポートの枚数は3枚になる。(このカードをふくむ。)

サポートは、自分の番に1枚しか使えない。

マチスの作戦は強い?評価

総合評価Bランク

サポートを複数回使えるのは強力ですが、《マリィ》や《博士の研究》を複数回使えるようにしてもあまり意味がありません。

このカードを採用するデッキは明確な目的をもったデッキとなります。

マチスの作戦の強み

  • 本来使えないサポートを使う回数を増やせる
  • 多くのサポートは1ターンに1回の使用を前提に作られているため、開発の想定外のコンボを作ることができる
  • 毎ターン手札補充のためドローサポートを使わないといけない【れんげきテンタクル】で《ボスの指令》が使えるようになる

マチスの作戦の解説

先述したとおり、《マチスの作戦》は例えばドローを行う《博士の研究》や《マリィ》を2回使えるようにしたところでは効果が薄いものとなってしまいます。

使用には「サイドの残り枚数」に条件があり、条件を満たさないと手札で腐ってしまう可能性もあります。

よって《マチスの作戦》を採用するためには明確な理由をもってデッキに採用する必要があります。

マチスの作戦を採用するデッキ例

カラマネロデッキ

《カラマネロ》デッキは「れんげきテンタクル」のために《コルニの気合》などのドロー系サポートカードで常に手札補充をしないといけません。

そうすると《ボスの指令》が使えなくなります。そこで《マチスの作戦》を使うことでドロー系サポートと《ボスの指令》を併用することができるようになります。

ハンデス軸スイクンVデッキ

 

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事