ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録カードリストと評価

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAXとは

一回の攻撃で大ダメージを与える「いちげき」ポケモンのゲンガーVMAXを中心にしたデッキです。ゲンガーVMAX、ゲンガーVはともに2枚収録。

他にも現在のポケモンカードを遊ぶ上でほぼ必須カードである「クロバットV」「ボスの司令」が各1枚ずつ再録されている豪華なデッキ内容となっています。このカード2枚で1500円分の価値があるため、非常にお得なセットでポケカを始めやすいといえるでしょう。

そのあまりの豪華さからか定価は2700円とやや高めの値段設定となっております。

発売日

 2021年5月28日(金)

定価

2700円(税込)

ハイクラスデッキ インテレオンVMAXを購入

通販予約最安値は駿河屋。20%OFFで予約できますが、人気商品なためすぐ売り切れてしまうようです。


ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録内容

ポケモン (17)
ゲンガーVMAX
SGG
002/019
2枚
ゲンガーV
SGG
001/019
2枚
クロバットV
SGG
003/019
1枚
デルビル
SGG
004/019
3枚
ヘルガー
SGG
005/019
3枚
イベルタル
SGG
006/019
3枚
モルペコ
SGG
007/019
3枚
グッズ (14)
活力の壺1枚
クイックボール4枚
しんかのおこう3枚
ポケギア3.04枚
ポケモンいれかえ2枚
サポート (12)
シバ2枚
博士の研究(アララギ博士)4枚
冒険家の発見1枚
ボスの指令(フラダリ)1枚
マリィ4枚
スタジアム (2)
あくの塔2枚
エネルギー (15)
いちげきエネルギー4枚
基本悪エネルギー11枚

極稀にゲンガーVMAXスペシャルアート版が収録

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録 Vポケモン

ゲンガーVMAX(評価:B)

2枚収録。2700円もするデッキなのに買っても4枚揃わないのか……(困惑気味)

現在のポケモンカードはGXポケモンやVポケモンに偏重しており、GX・Vポケモンが複数並ぶことも珍しくありません。

特にムゲンダイナVMAX相手はVポケモンを4体は並べるので、仮に4体いれば2エネ240ダメージを出すことができます。

さらにその一撃はいちげきエネルギーでさらに伸ばすことが可能です。

公式サイトでは一撃エネルギーは「ゲンガーVMAXに4枚ついている場合、ワザ「キョダイマルノミ」は330ダメージ!」と紹介されていますが、実際に4エネつける場面はサイド落ちなどを考えるとあまりないと思われます。

なにかとヘルガーに頼っていた一撃ポケモンにしては安定してワザを使い続けることができる、いちげきポケモンのなかでは使いやすいポケモンといえるでしょう。

一方で最大の欠点が、最近はメッソン・ジメレオンを使ったうらこうさくギミックの存在です。これらのポケモンはあまりGX・Vをベンチに並べず戦うので、それらのデッキには2エネワザが有効ではないという欠点も存在します。

また、ゲンガーVMAXに限った話ではなく一撃ポケモン全体にいえますが、れんげきカラマネロのような非ルールデッキ相手にはワザのコスパが悪く、苦戦を強いられるでしょう。

ゲンガーV(評価:A)

2枚収録。

上ワザ「くろいまどろみ」はダメージが少なく、ベンチのポケモンといれかえられるとねむり状態が解けるため微妙ですが、下ワザ「ペインバースト」はVポケモンの悪タイプのワザとしてはなかなか強め。

黒馬バドレックスVMAXを倒すのであれば、あえてゲンガーVMAXに進化せずゲンガーVのまま戦っていくことも十分考えられます。

返しで倒される想定なら、ヘルガーやゲンガー自身のダメカンが乗ってしまうデメリットもそれほど気にならないでしょう。バドレックスVMAXを倒してサイドが3枚取れるのに対し、こちらは2枚しかとられないのが強み。

クロバットV(評価:S)

1枚収録。再録カード。

多くのデッキで1枚採用されている強力なポケモンです。特にムゲンダイナVMAXデッキではエンジンともいえるカードで、4枚必要。

持っていて損はないカードの再録です。

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録 ポケモン

ヘルガー(評価:A)

3収録。新イラスト。

いちげきVMAXデッキでは必須ともいえるカードが再録。特性を使うとダメカンが乗る点には注意。

複数並べても特性を使うことができ、ヘルガーを4体ベンチに出すと4エネ加速ができます。

エネ加速は強力すぎますが、使いすぎるとVMAXのせっかくの耐久が減ってしまったり、そもそもヘルガーが1進化で並べにくいなど何かと使いづらいポケモンです。使わざるを得ないデッキでは使う必要があるといった難しい立ち位置のカードです。

しかし悪エネルギーはマニューラGXとレッド&グリーン、ガラルファイヤーVを使うことができるのでヘルガーは採用しなくとも特に問題がありません。

モルペコ(評価:B)

新カード。

非ルールの悪タイプいちげきポケモンの中でもかなりのポテンシャルを秘めたポケモンです。

今回収録のヘルガーの特性を2回使いいちげきエネルギーを2個つけることで、ダメカン4個で120ダメージ、いちげきエネルギー2個で40ダメージ追加の160ダメージを出すことができます。

バドレックスVMAXを一撃で倒すことができ、イシヘンジンと同じく一撃デッキのサブアタッカーになりうるポケモンです。

しかしあくまでヘルガーとのコンボが前提のポケモンなため、活力の壺でいちげきエネルギーをデッキに戻しておくことが重要です。

イベルタル(評価:D)

特に長所のない代わりに癖もないいちげきポケモン。デッキを改造するなら抜いてもいいカードです。

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録 グッズ

活力の壺(評価:B)

1枚収録。再録カード。

れんげきエネルギーと違い、いちげきエネルギーはトラッシュのエネルギーを再利用しやすいのが強み。それを可能にするのがこのグッズ。ヘルガーとあわせましょう。

確かに強いカードなのですが、いちげきデッキはヘルガーと活力の壺でデッキの枠をかなりとってしまうのが悩み。

使っても山札にいちげきエネルギーが戻るだけで、アドを稼いでいるわけではない点に注意。

クイックボール(評価:S)

4枚収録。

いわずと知れた必須カード。4枚採用はほぼ必須です。

クイックボールを1ターン目に使い進化前のポケモンを出しておくことが現在の高速化したポケモンカードでは特に重要となっています。

ポケギア3.0

溶接工など、サポートカードをどうしても手札に握っておきたいデッキで重宝します。

ポケモンいれかえ(評価:S)

よく「ふうせん」と選択になるカードです。ほとんどのデッキに2~4枚採用されます。

逃げるエネルギーを消費せずポケモンをいれかえることができるのはとても貴重なため慣れないうちは多めに採用すると良いでしょう。

しんかのおこう(評価:B)

進化先が多いデッキやうらこうさくジメレオンなどを使ったデッキに採用されます。

基本的に進化後よりも進化前のポケモンを場に出すほうが重要なので、クイックボールのほうが優先されます。

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録 サポート

冒険家の発見(評価:A)

1枚収録。新カード。

ポケモンV・VMAXを3枚サーチすることができます。

他のカードを加えることができないので、後半には腐りがちですが、とにかくVやVMAXを揃えたい序盤や2ターン目にはとても重宝するサポートとなるでしょう。

有効に使える場面が限られるシビアなカードですが、トレーナーズを好きなタイミングにサーチすることができるうらこうさくジメレオンとは相性が抜群です。

ボスの司令(評価:S)

2枚収録。

現スタンダード最強のトレーナーズです。とりあえずデッキに2枚から3枚はほぼ必ず採用されるカード。

ポケカを始める上では必須となるカードの再録はウレシイ。

シバ(評価:B)

いちげきカードですが、自分のポケモンが倒されやすい非ルールデッキなどで採用されます。

環境デッキでの採用例はアイアントLOなど。

くいあらすアイアントLO(ライブラリアウト)デッキレシピと対策 シャクヤで超強化

博士の研究(評価:S)

現在のポケモンカードでは手札1枚の状況からもっとも多くドローできるサポートカード。

ほとんどのデッキがマリィと博士の研究をあわせて6~8枚程度採用されているほど強力です。

サポートカードはよほど強くないかデッキにあっていない限り、博士の研究とマリィとボスの指令だけで十分といえます。

欠点は手札をトラッシュしてしまうこと。VMAXポケモンを捨てすぎてしまうと、その試合でVMAXポケモンが出せないということもあるので注意。手札が良い状況ではあえて博士の研究を使わないという選択も重要です。

マリィ(評価:S)

博士の研究ほどのドロー数はないものの、手札を稼ぎながら相手の手札を4枚にすることができるのがとても強力なサポートカードです。ほとんどのデッキに採用されている必須カードといえるでしょう。

博士の研究と違い、手札の重要カードをトラッシュしないので捨てたくないけど今は要らないカードを手札に戻し、その後必要なカードをしんかのおこうなどで引き込むといった使い方もできます。

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録 スタジアム

あくの塔(評価:A)

いちげきデッキを回す上でとても重要なスタジアムです。

不要ないちげきカードを捨ててデッキを回すことで重要なカードを引き込みます。「あくの塔」は手札の「あくの塔」をコストにできる点も優秀。

4枚採用し、2枚目以降のあくの塔は捨てると良いでしょう。

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録 エネルギー

いちげきエネルギー(評価:A)

4枚収録。ミラー加工?

いちげきポケモンの強さを支えているカードです。250止まりのゲンガーVMAXのワザの威力をさらに上げることができます。

いちげきデッキを組む上では必須といえるカードで再録はウレシイ。

基本悪エネルギー

デッキを組む上では欠かせないエネルギーです。基本悪エネルギーはガラルファイヤーVの特性に対応しているなど、特殊エネルギーにはない利点があります。

ゲンガーVMAXデッキ改造案はこちら

ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX収録カードリストと評価

ポケカ発売スケジュール

発売日商品名
2021年5月28日強化拡張パック「イーブイヒーローズ」
2021年5月28日VMAXスペシャルセット イーブイヒーローズ
2021年5月28日ハイクラスデッキ ゲンガーVMAX
2021年5月28日ハイクラスデッキ インテレオンVMAX
2021年5月28日ハイクラスデッキ ダブルBOX
2021年7月9日拡張パック「摩天パーフェクト」
2021年7月9日拡張パック「蒼空ストリーム」
2021年7月9日剣盾ファミリーポケモンカードゲーム
2021年7月9日いつどこファミリーポケモンカードゲーム
2021年7月30日スペシャルセット ミュウツーV-UNION
2021年7月30日スペシャルセット ゲッコウガV-UNION
2021年7月30日スペシャルセット ザシアンV-UNION
最新情報をチェックしよう!