デッキレシピ
ポケカのバレットデッキとは?デッキレシピを元に解説!

バレットデッキとは?

相手にあわせてカードを使い分けて戦うデッキです。

ポケカでよく使われている「バレット」とは悪魔などに特効性がある銀の弾丸(シルバーバレット)から来ているカードゲーム用語です。

さまざまな特定の相手に有効的な攻撃手段を詰め込んだデッキを指します。

バレットデッキのレシピ

三神バレット

例えばこのような三神バレットは典型的な「バレットデッキ」といえます。

《オーロラエネルギー》を採用することで色々なタイプのポケモンが入っていることが確認できます。さまざまなポケモンに弱点をついていくことができますね。

これらのポケモンたちは環境に強いポケモンに弱点をつくために採用されています。

特定の相手に有効なポケモンの集合体。それがポケカのバレットデッキです。いわばポケカ版メタビートですね。

バレットデッキって強いの?

ポケカのバレットデッキは環境にあわせて有効なポケモンを採用し、デッキを構築していきます。

よって、環境にバレットデッキが適さないと単純なデッキパワーは他のデッキと比べ劣ることがあります。

上記の三神バレットも、単純なデッキパワーや回しやすさは三神ザシアンのほうが上です。

よって、自分の環境考察と環境読みが正確ではないとバレットデッキを使って勝つことはとても難しいです。

そのため日々の環境チェックおよび考察がとても重要です。

バレットデッキの組み方

さまざまなポケモンを使い分けて戦うバレットデッキ。

そのためにはエネルギーを動かすポケモンを中心に構築されることが多いです。

キーカード

たとえば《メタルソーサー》から鋼エネルギーを動かす《ドータクン》、基本雷エネルギーをポケモンにつけ、無色エネを多く要求するポケモンで戦う《モココ》。

他には自身が悪タイプのアタッカーになり、《エネルギーつけかえ》でほかのポケモンにも悪エネルギーをつけかえることができる《ガラルファイヤーV》などがバレットデッキにはよく採用されています。

《ガラルファイヤーV》をうまく使ったデッキが【ニンフィアバレット】と呼ばれるデッキです。

ポケカの「バレットデッキ」の歴史

この「バレットデッキ」という呼称がよく使われるようになったのはチャンピオンズリーグ2019から。

優勝者のデッキ「カラマネロ超バレット」に由来します。

カラマネロ超バレット

キーカード

このデッキは現在のスタンダードレギュレーションでは使えないカードばかりですが、《カラマネロ》の「サイコリチャージ」でさまざまなポケモンにエネをつけて相手にあわせて有効なポケモンを使い分け戦うデッキです。

超弱点のポケモンには《ギラティナ》を、闘弱点のポケモンには《イワーク》を……と、弱点をつきながら戦っていきます。

当時《イワーク》はあまり注目されておらず、大型大会のしかも決勝でほとんど大会で見たことのないポケモンが大活躍する姿に衝撃を受けたプレイヤーも多かったように思えます。

この大会以降、バレットデッキの知名度は大幅に向上するようになります。

その後のバレットの意味

厳密には「バレットデッキ」ではありませんが、この後《カラマネロ》と《ギラティナ》を組み合わせた非GX・Vデッキそのものが「バレットデッキ」と呼ばれることが多くなりました。

転じて、ルールを持たない非V(非ルール)ポケモンを中心にしたデッキを「バレットデッキ」と呼ぶことがしばしばあります。

レジエレキ雷バレット】はその流れを汲んでおり、厳密にはバレットデッキというよりはグッドスタッフ(単純に強いカードを集めたデッキ)もしくはツールボックス(状況に応じてカードを使い分けるデッキ)に近いデッキです。

しかし土台となる《モココ》が《カラマネロ》と似ていることから【カラマネロ超バレット】のように【レジエレキ雷バレット】と呼称されています。

ポケカの環境デッキ一覧

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事