デッキレシピ
オドリドリGXの評価と使い方 採用デッキを解説!

オドリドリGX

特性 たむけのまい
前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていたなら、自分の番に1回使える。自分の山札を3枚引く。この番、すでに別の「たむけのまい」を使っていたなら、この特性は使えない。

超無無 するどいはね 80

超無無 ひるがえすGX 100
このポケモンをベンチポケモンといれかえる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

弱点 悪×2 抵抗力 闘-20 逃げる 無

オドリドリはだいたいこんなカード

カード評価 7.5

  • デデンネGXのような場に出すだけでアドバンテージをとるGXポケモン。
  • デデンネGXと違い手札を維持しながらドローすることができる。
  • ベンチに置いておくだけで毎ターン使える。
  • 霧の水晶対応のため、超デッキで選択肢として十分考えられる。

特性「たむけのまい」で3枚ドロー

ワザの性能が微妙なオドリドリGXの採用意義はほぼ特性にかかっているといってもいい。

特性 たむけのまい
前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしていたなら、自分の番に1回使える。自分の山札を3枚引く。この番、すでに別の「たむけのまい」を使っていたなら、この特性は使えない。

同じく場に出るだけで手札を確保できるデデンネGXと違い、前のターンに自分のポケモンが倒されている必要がある。

しかし現在の手札を維持しつつ3枚ドローは単純かつ強力。デデンネGXが初動を整えるポケモンであるとするならば、オドリドリGXは後続確保や最後のダメ押しに使用されることになるか。

特に倒されてもサイド1枚しかとられないデッキは発動機会が多く、強力なドローカードとなる

グレートキャッチャーを手札にキープしながらコストを確保

たとえば手札にグレートキャッチャーとオドリドリGXがある状況で、オドリドリGXを出せばグレートキャッチャーのコストを確保しそのままグレートキャッチャーを使い相手のGXポケモンを呼び出しゲームに勝利することができる。

ミステリートレジャーやプレシャスボールなどオドリドリGXを手札にもってくる手段は多い。

メイでサーチしたカードをキープしつつドローできる点も評価点。

ひるがえすGXはいざというときの打点に

超無無 ひるがえすGX 100
このポケモンをベンチポケモンといれかえる。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

一見、威力が低くつかいどころがなさそうなGXワザだが、ポケモンで倒しながらリーリエのピッピ人形と入れ替えるといったことも可能。

超エネルギーを採用しているデッキでは状況によっては使える可能性がある。

オドリドリを使うデッキ

カラマネロ(れんげきテンタクル)

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事