【Dレギュ落ち】Dマークのスタン落ち発表? 環境に与える影響と使えなくなるカード一覧

ソードシールドDレギュレーションがスタン落ちへ いつから?

スタン落ち(レギュ落ち)とは

以前、新シリーズ「ポケモンex」が新しいレギュレーションとして発表されました。

ポケモンカードのスタンダードレギュレーションにおいて新ルールが発表されることが予想されます。

いわゆる「レギュ落ち」「スタン落ち」とよばれる「今まで使えていた一部カードが使えなくなる」ルール変更です。

新規のプレイヤーがポケモンカードに参入しやすくするために、昔のカードを使えなくし、新しいカードに活躍してもらうためのルールとなっています。

今回はDマークのカードが対象。ソード・シールドレギュレーション初期のカードが使えなくなります。

いつからDマークのカードが使えなくなる?

「Dレギュ」の前にスタン落ちした「Cレギュ」、いわゆる「Cレギュレーションマーク」のカードが使えたのは『2022年1月13日(木)』まででした。

その前の「Bレギュ」がスタン落ちしたのは『2021年1月21日(木)』まででした。

これらを踏まえるとおそらく「Dレギュ」がスタン落ちするのは『2023年1月末』まで使用できる可能性があります。

つまり【日付】からSMCのカードが使えなくなります。

スタン落ちルール施行後は誤ってデッキに(一部例外を除く)Dマークのカードを使って大会に出てしまわないよう注意!

クイックボール・大きなおまもりなど使えなくなる主なカード一覧

ポケモン

赤字は特に環境に与える影響が多いカードです。

  • クロバットV・VMAX
  • ヤレユータン
  • ザシアンV(ふとうのつるぎ)
  • ザマゼンタV(ふくつのたて)
  • ジメレオン(うらこうさく)
  • インテレオン(うらこうさく)
  • ムゲンダイナVMAX
  • ガラルマタドガス
  • ガラルジグザグマ(かんしゃくヘッド)
  • マルヤクデVMAX
  • クワガノンV
  • アメイジングポケモン各種(レシラムなど)
  • ガラルニャイキング(はがねのせいしん)
  • ガラルニャース(しんかのおたけび)
  • モクロー(スカイサーカス)
  • メタモンV
  • バイウールーV
  • ウッウV

グッズ

  • クイックボール
  • しんかのおこう
  • 大きなお守り
  • 回収ネット
  • たっぷりバケツ
  • メタルソーサー
  • ふつうのつりざお
  • ふうせん
  • スマホロトム
  • ポケギア3.0
  • ツールスクラッパー
  • エール団のおうえんタオル

《ポケモンいれかえ》はFマークで再録しているため使えます。

スタジアム

  • トレーニングコート
  • ガラル鉱山
  • ルミナスメイズの森
  • ターフスタジアム
  • ローズタワー
  • キルクス温泉

サポート

  • マリィ
  • ダンデ
  • とりつかい

※《ボスの指令》《博士の研究》はFマークで再録のため使えます。

エネルギー

  • パワフル無色エネルギー
  • ヒート炎エネルギー
  • アロマ草エネルギー
  • ウォッシュ水エネルギー
  • スピード雷エネルギー
  • ホラー超エネルギー
  • ストーン闘エネルギー
  • ハイド悪エネルギー
  • コーティング鋼エネルギー
  • パワフル無色エネルギー
  • オーロラエネルギー

ソードシールドDスタン落ちの最大の特徴

まず今回の最大のスタン落ちの特徴として《クイックボール》と《クロバットV》《大きなおまもり》など今までのポケカの象徴となって活躍したカードが使えなくなります。

キーカード

いつの時代も「たねポケモンを手札に加えるボール」「手札を6枚引く(倒されるとサイドを2枚とられる)ポケモン」は存在するので、おそらく代用カードは登場します。

しかし《大きなおまもり》の代用カードはあるかどうかは不明です。

環境に与える影響

マリィ消滅で相手の手札に干渉する手段が減少

ソード・シールドシリーズになるにあたって「先攻はサポートを使えない代わりに強くデザインしました」と宣言していた通り。

このカードはかなり強いサポートでした。が、惜しくもサイド落ち。相手の手札に干渉するカードが少なくなります。

ただし《ジャッジマン》は引き続き使用できるので、代用カードを求めるならこちらを使ってもいいかもしれません。

最近は《ツツジ》も登場しており、《マリィ》の採用率は落ちてきたものの評価は上がってました。

今後は代わりのカードが登場しなければ上記の《ツツジ》《ジャッジマン》で戦うことになるでしょう。

うらこうさく〇〇デッキの消滅

今まで様々なデッキに貢献してきた「うらこうさく」が使えなくなります。

これにより《オリジンパルキアVSTAR》《アルセウスVSTAR》の裏工作型は使えなくなりました。

今後は別のポケモンVやポケモンexと組んだり、【リファイン】ギミックが使用されそうです。

【アルカナシャイン】リファイン型キュレムVMAXデッキ解説

ムゲンダイナVMAXの消滅

登場時から環境後半にかけて活躍していたこの《ムゲンダイナVMAX》が使えなくなります。

強くて安く楽しいデッキなのでスタン落ち直前まで使い倒しましょう。

ムゲンダイナVMAXデッキ2022!最新の大会優勝レシピを紹介

特殊エネルギーのスタン落ちとレジギガス

主に【レジギガス】で採用され、便利なエネルギーとして活躍してきました。

以前の《レインボーエネルギー》の代わりに登場したカードですが、このカードについてはすぐ代用カードが来そうです。

どちらかというと代用カードが出なさそうなこちら。

キーカード

特に《スピード雷エネルギー》は【レジギガス】の手札補充に欠かせないエネルギーです。

おそらく代用カードはなかなか出ないと思うので【レジエレキ】にとっては他に強力な特殊エネルギーが来ない限り順当に弱体化すると言えるでしょう。

《パワフル無色エネルギー》を《レジギガス》につけることができなくなったことも弱体化。

キュレムVMAXの大幅弱体化

キーカード

《たっぷりバケツ》で持ってきた《基本水エネルギー》をデッキの上に固定させることができなくなりました。

確実に《キュレムVMAX》にエネをつける方法が《メロン》と《オリジンパルキアVSTAR》のVSTARパワーなため弱体化したといえるでしょう。

おわりに

スタン落ちは「初心者がポケカに新しく入ってきやすいように」という名目のもと、行われるものです。

たしかに私自身、ポケカはちょうどスタン落ち直後で、かなり過去のカードを覚える必要がなくかなりとっつきやすかったゲームに思えます。

 
リゲル
今後のカード追加に期待しつつ、ポケモンexをお迎えしましょう!

ポケモンexとは!2023年新レギュレーション対応版

最新情報をチェックしよう!