デッキレシピ
VMAXクライマックス再録で買っておくべきカード10選

前回は惜しくも再録されなかったカードたちを紹介しました。

逆に今回はVMAXクライマックスのカードの中から、特に買っておきたい汎用カードを10枚紹介します。

れんげきウーラオスVMAX

れんげきウーラオスVMAXは発売当時こそ評価が低かったものの、その後はさまざまな強化を得てどんどん評価を上げ、現環境では最強クラスのカードとなっています。

そのためカード価格も高くなっており、VMAXとVをそれぞれ3枚揃えるだけでもかなりの値段がかかりました。

今回の再録により、組みやすくなったことから連撃使いが増えそうです。

※リンク準備中

こくばバドレックスVMAX

このカードは特性「めいかいのとびら」がかなり強力で、さまざまな超タイプのポケモンとの組み合わせが考えられます。

マホイップVMAXと組み合わせる方も多いですが、他にもミュウツーV-UNIONなどを使う際にも組み合わせると強力です。

超タイプのデッキを使うならとりあえずあって損はないカードなため再録は嬉しいですね。

※リンク準備中

インテレオン・メッソン(れんげき)

この2枚のカードはさまざまなデッキで採用されています。

あまりにも多くのデッキに採用されているせいで、メッソンから試合スタートをした場合、自分のデッキが知られないという強みもあります。

それほど使われるカードなため、再録はとても嬉しいですね。

2デッキ目のメッソン・ジメレオン・インテレオンを用意することもできそうです。

注意点として、よく使われているジメレオン(うらこうさく)は今回再録されておらず、徐々に値上がりしてることには気をつけてください。

※リンク準備中

タフネスマント

おもにスイクンVやザシアンVなどを使った、VMAXに進化しないポケモンを中心に組む場合に必要になります。

登場時はそれほど評価は高くなかったカードですが、スイクンVにタフネスマントをつけるデッキが流行してから評価は急上昇。

値段も高くなっていましたが、再録されることで高騰は抑えられそうで嬉しいですね。

※リンク準備中

クロバットV

さまざまなところで再録されていますが、持って損はないカードです。

今後、デデンネGXが使えなくなるため、デッキの個数分クロバットVが必要になる可能性もおおいにあります。

なので、やはり何度再録してもクロバットVの再録は嬉しいですね。

デデンネGXのように、将来的には1,000円まで再度値上がりする可能性のあるカードです。

※リンク準備中

冒険家の発見

おもにこくばバドレックスVMAXデッキやムゲンダイナVMAXデッキで採用されているサポートカードです。

このカードはハイクラスデッキゲンガーもしくはインテレオンにしか今までは封入されておらず、入手が難しいカードでした。

なので今回の再録は嬉しいですね。

V-UNIONとも相性がいいので、何枚持っていても損がないカードです。

※リンク準備中

霧の水晶

基本超エネルギーもしくは超タイプのたねポケモンを手札に加えることができるあまりにも便利なカードです。

かなりの例外を除き、ほとんどの超タイプのポケモンを使うデッキで使われています。

ミュウVMAX登場以降は高騰気味になっていたため、再録で超タイプのデッキが組みやすくなりました。

※リンク準備中

ふうせん

ポケモンいれかえと並ぶ、使いやすいいれかえカードです。

このカードはポケモンのどうぐなので次のターンも使うことができます。

また、ソードシールドレギュレーションからは、このカードを意識してかほとんどのポケモンの逃げエネが2以下となっており、ふうせんはとても使いやすくなっています。

そのことから1つのデッキに1〜2枚は必要なため、再録されて何枚あっても困るカードではありません。

※リンク準備中

キャプチャーエネルギー

エネルギーとしてみると無エネ1個分ですが、なんとこのカードは効果がとても強力。状況によってはほぼクイックボール一回分となります。

本来、カードを使い手札を1枚トラッシュすることでようやくできることを、キャプチャーエネルギーを使うだけでできるのです。

そのため人気がとても高いカードで、リーフィアVMAXやいちげきウーラオスVMAXなどさまざまなデッキで使われています。

主に場を並べるのが苦手なデッキをサポートするために採用されていたりします。

何枚あっても困らないカードなので嬉しい再録と言えるでしょう。

※リンク準備中

くいだめカビゴン

特性がかなり強力で人気なポケモンです。

ポケモンV以外の「ルールをもたないポケモン」いわゆる非ルールを使うデッキなどで活躍するカードです。

基本的にいまのポケカは1ターン目にワザを使うことがほとんどありません。

そのため特性「くいだめ」で一気に手札を補充し、次のターンに備えることができます。

逃げエネが少し多いのが欠点ですが、回収ネットを使えばその欠点すら克服できます。

※リンク準備中

おまけ VMAXクライマックスの再録内容は満足?不満?

各タイプのデッキレシピ一覧
おすすめの記事