AOE

「AoE」とは「Area of Effect」の略称です。

ネットゲームにおいてArea of Effectとは「範囲効果」や「範囲攻撃」などの意味があります。

カードゲームでは全体除去を意味します。デュエプレのサウザンド・スピアや遊戯王のブラック・ホールなどがAOEに当たりますね。

逆転を生み出すカードです。

CIP効果

「Comes Into Play」の略語で、「カードがバトルゾーンに出た時」という誘発条件、もしくはそれを条件としたトリガー能力を指すことばです。

「cip能力」「出た時効果」「登場時能力」などともいわれています。

ピーピングハンデス

相手の手札を見てその中から選び、捨てさせる・デッキに戻すことを指します。

ポケモンカードのカラマネロVMAXやデュエルマスターズの解体人形ジェニーなどがこれに当たります。

相手の重要な手札を確実に捨てさせることで試合展開を有利に運びます。

コンシード

「相手にリタイアさせる」ことを目的としたデッキタイプのことを意味します。

どちらかというとシャドウバースやハースストーンなどデジタルのカードゲームでよく使われる言葉ですね。

しかしMTGAで登場した「スゥルタイ・コンシード」などTCGでもたまに使われたりします。

コスト踏み倒し

プレイや効果を起動するためのマナコストなどの支払いが必要な処理をコストを支払わずに行うことを指します。

主にデュエルマスターズでよく使われています。

デュエルマスターズの「シールド・トリガー」もコスト踏み倒しの一つです。

タイミングを逃す

遊戯王特有のルールで、通称「KONAMI語」の代表的な言葉です。

  • チェーンの処理途中に新たなチェーンブロックを作ることはできない。
  • チェーンの処理途中に発動条件を満たした誘発効果があっても、それはその処理途中に効果を発動できない。
  • 効果処理中に発動のタイミングが訪れた任意の誘発効果は、その処理後であっても発動はできない。

これら条件が重なると「タイミングを逃す」こととなります。

おすすめの記事