ジェネシス・インパクターズの収録カードリストと評価|当たりカードは?
スポンサーリンク

ジェネシス・インパクターズはどんなパック?

超強力な儀式テーマ「ドライトロン」、魔法使い族としてはモンスターを装備する異色のテーマ「マギストス」が収録!

パッケージイラストは《絶火の竜神ヴァフラム》・《Evil★Twins キスキル・リィラ》・《竜儀巧-メテオニス=DRA》。特に《竜儀巧-メテオニス=DRA》は制圧力が高く環境を変える可能性がある儀式モンスターです。

収録テーマと相性が良い《エマージェンシー・サイバー》や《アステル・ドローン》などが再録されているのもポイント!

ジェネシス・インパクターズのあたりカード

絵柄が可愛らしく大人気の「イビルツイン」や儀式テーマとしてはかなり強い「ドライトロン」のキーカードとなる光り物のカードの最初動が高めです。

具体的にはイビルツインの魔法・罠カードにアクセスできる《シークレット・パスフレーズ》やデッキから「キスキル」「リィラ」を特殊召喚できる《LIVE☆Twin エントランス》をはじめとしリンクモンスターの《Evil★Twin キスキル》《Evil★Twin リィラ》どのカードも初動は1000円を超えています。

「ドライトロン」も3積み必須な《竜輝巧-バンα》や《竜輝巧-ファフニール》といったスーパーレアのカードの値段が1500円以上を超えることとなりました。

一方で「マギストス」の関連のスーパーレアは「ドライトロン」「イビルツイン」関連カードと比較するとやや値段で劣っています。しかし「召喚」カテゴリーで使われることが予想される汎用性の高い《聖魔の乙女アルテミス》は今後値上がりする可能性があるので当たっても売らずに持っておくことをおすすめします。

シークレット・パスフレーズ

【注目度】8.5/10.0点

通常魔法

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「ライブツイン」魔法・罠カード
または「イビルツイン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
代わりに「イビルツイン」モンスター1体を手札に加える事もできる。

「イビルツイン」では3枚必須の汎用カード!

新テーマ「イビルツイン」の魔法・罠カードで唯一テーマ内のカードを手札に加えることができるカードで、「イビルツイン」「キスキル」「リィラ」デッキを組むのであれば必須となるカードで高値で取引されています。

状況によって「ライブツイン」「イビルツイン」魔法・罠を選べるだけでなく、さらに切り札の《EVil★Twins キスキル・リィラ》も手札に加えることができるのが強力です。

今後「イビルツイン」関連カードが強化されるとさらにこのカードの評価も上がることとなるでしょう。

聖魔の乙女アルテミス

【注目度】8.5/10.0点

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻800
【リンクマーカー:上】
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体

自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
②:このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える。

汎用性の高さと召喚獣とのシナジーが魅力のスーパーレア!

《聖魔の乙女アルテミス》は新規テーマ「マギストス」でありながら既存のカードである「召喚獣」との組み合わせが抜群です。

《召喚師アレイスター》からリンク召喚することで《聖魔の乙女アルテミス》を特殊召喚することで光属性をフィールドに出すことができるようになる点が重要です。

これにより《召喚獣メルカバー》の融合召喚に繋げることができるようになることから、SNSでは「召喚獣新規」と言われています。

ジェネシス・インパクターズ収録カード

「イビルツイン」

Evil★Twin キスキル

【評価】7.0/10.0点

スーパーレア

リンク・効果モンスター
リンク2/光属性/悪魔族/攻1100
【リンクマーカー:右/下】
「キスキル」モンスターを含むモンスター2体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在し、
このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
②:自分フィールドに「リィラ」モンスターが存在しない場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の墓地から「リィラ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
このターン、自分は悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

新テーマ「キスキル」「リィラ」のリンクモンスターで、サイバース族の下級「キスキル」「リィラ」モンスターと違いリンクモンスターは悪魔族となっています。
また②の効果で展開できますが[悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない]という制限のため、基本的に「キスキル」「リィラ」のエクストラデッキは悪魔族のモンスターがメインとなるでしょう。
その関係で今回のパックに《トロイメア・グリフォン》が採用されています。

Evil★Twin リィラ

【評価】7.0/10.0点

スーパーレア

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/悪魔族/攻1100
【リンクマーカー:左/下】
「リィラ」モンスターを含むモンスター2体

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在し、
このカードが特殊召喚に成功した場合に、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
②:自分フィールドに「キスキル」モンスターが存在しない場合、
自分・相手のメインフェイズに発動できる。
自分の墓地から「キスキル」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
このターン、自分は悪魔族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

新テーマ「キスキル」「リィラ」のリンクモンスターです。
《Evil★Twin キスキル》と同様に悪魔族のモンスターとなっています。
1枚ドローできる《Evil★Twin キスキル》とは対象的にこちらはフィールドのカード1枚を破壊できる効果で、後攻向けのリンクモンスターとなっています。

EVil★Twins キスキル・リィラ

【評価】6.0/10.0点

ウルトラレア/シークレットレア

特殊召喚・効果モンスター
★8/闇属性/悪魔族/攻2200/守2200

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのリンクモンスター2体をリリースした場合のみ手札・墓地から特殊召喚できる。
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手は自身のフィールドのカードが3枚以上の場合には2枚になるように墓地へ送らなければならない。
②:自分の墓地に「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する限り、
このカードの攻撃力・守備力は2200アップする。

新テーマ「キスキル」「リィラ」の大型モンスターで、墓地からも特殊召喚ができる切り札となっています。
相手のフィールドのカードを2枚以下に絞り、さらに攻撃力は条件中は4400となります。
とはいえリンクモンスターを2体リリースするという条件はかなり厳しいものとなっており、手札事故の原因となりかねないため採用枚数は1枚から2枚程度でしょう。

LIVE☆Twin キスキル

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★2/光属性/サイバース族/攻500/守0

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに他のモンスターが存在せず、
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手モンスターが攻撃宣言する度に、自分は500LP回復する。

新テーマ「キスキル」「リィラ」モンスターの1枚です。
サイバース族でありサポートが豊富です。
デッキから「リィラ」モンスターを特殊召喚することができるのは強力ですが、他のモンスターが存在すると効果を発動することができない点には注意が必要です。

LIVE☆Twin リィラ

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★2/闇属性/サイバース族/攻500/守0

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドに他のモンスターが存在せず、
このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「キスキル」モンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手は500LP払わなければ攻撃宣言できない。

新テーマ「キスキル」「リィラ」モンスターの1枚です。
こちらもデッキから「キスキル」モンスターを特殊召喚でき、リンク2に繋げることができます。

シークレット・パスフレーズ

【評価】8.0/10.0点

スーパーレア

通常魔法

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:デッキから「ライブツイン」魔法・罠カード
または「イビルツイン」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
代わりに「イビルツイン」モンスター1体を手札に加える事もできる。

新テーマ「イビルツイン」の魔法・罠カードで唯一テーマ内のカードを手札に加えることができるカードで、「イビルツイン」「キスキル」「リィラ」デッキを組むのであれば必須となるカードで高値で取引されています。
状況によって「ライブツイン」「イビルツイン」魔法・罠を選べるだけでなく、さらに切り札の《EVil★Twins キスキル・リィラ》も手札に加えることができるのが強力です。

LIVE☆Twin エントランス

【評価】6.5/10.0点

スーパーレア

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「イビルツイン」モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

新テーマ「キスキル」「リィラ」の速攻魔法で、展開用のカードです。
デッキの安定性を上げるカードですが縛りとして「イビルツイン」モンスターしか特殊召喚ができなくなります。
今回収録の《トロイメア・グリフォン》なども特殊召喚できない点には注意が必要です。
単純に「キスキル」「リィラ」を手札に加えたいのであれば《サイバネット・マイニング》がおすすめです。

LIVE☆Twin チャンネル

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

フィールド魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に、
自分フィールドの「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体をリリースして発動できる。
その攻撃を無効にする。
②:自分・相手のエンドフェイズに、自分の墓地の
「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、デッキに戻さず手札に加える事もできる。

「キスキル」「リィラ」専用のフィールド魔法です。
②の効果で特定の条件時に「キスキル」「リィラ」モンスターを手札に戻すことができ、攻撃を無効にすることができますがやや決定力に欠けます。

 Evil★Twin チャレンジ

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の墓地の「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドのモンスターをリンク素材として「イビルツイン」リンクモンスター1体をリンク召喚する。

下級モンスターであまり強くない「キスキル」「リィラ」モンスターを相手に送りつけることができます。相手の強力なモンスターのコントロールを奪いましょう。
もう一つの効果が強力で、相手のセットされた《無限泡影》などの罠カードをデッキに戻すことができます。
こちらの効果は先攻で強いカードといえるでしょう。

 Evil★Twin イージーゲーム

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

永続罠

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体をリリースし、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
●フィールドのカードを破壊する魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。

「キスキル」「リィラ」モンスターがモンスター同士の攻撃で強くなることができます。
また「キスキル」「リィラ」を効果破壊から守ることができます。
優秀な効果を持ちますが、1ターンにどちらか1枚しか使うことができないところが欠点です。

 Evil★Twin プレゼント

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「キスキル」モンスター及び「リィラ」モンスターが存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの「キスキル」モンスターまたは「リィラ」モンスター1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスター2体のコントロールを入れ替える。
●相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主のデッキに戻す。

下級モンスターであまり強くない「キスキル」「リィラ」モンスターを相手に送りつけることができます。相手の強力なモンスターのコントロールを奪いましょう。
もう一つの効果が強力で、相手のセットされた《無限泡影》などの罠カードをデッキに戻すことができます。
こちらの効果は先攻で強いカードといえるでしょう。

「マギストス」

法典の守護者アイワス

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

融合・効果モンスター
★8/風属性/悪魔族/攻2000/守2800
「マギストス」モンスター+魔法使い族モンスター

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
この効果でこのカードを相手モンスターに装備した場合には、
装備モンスターの効果は発動できず、そのコントロールを得る。
②:このカードを装備したモンスターの攻撃力・守備力は1000アップする。

装備したモンスターのコントロールを奪うことができます。相手モンスターを奪いリンク召喚などで除去することができます。
相手展開の妨害をすることもできる点も優秀です。
融合モンスターのため《聖なる法典》から融合召喚することが基本となります。

聖魔の乙女アルテミス

【評価】7.0/10.0点

スーパーレア

リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻800
【リンクマーカー:上】
レベル4以下の魔法使い族モンスター1体

自分は「聖魔の乙女アルテミス」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、
その①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
他の「マギストス」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
②:このカードが装備されている場合に発動できる。
デッキから「マギストス」モンスター1体を手札に加える

使いやすいリンク1のモンスターです。装備されている場合デッキから「マギストス」モンスターを手札に加えることができます。
「マギストス」以外の魔法使い・レベル4モンスターを「マギストス」に変更できることも魅力です。
また装備されている状態で「マギストス」専用融合の《聖なる法典》の融合素材にするのも良いでしょう。

結晶の女神ニンアルル

【評価】6.5/10.0点

スーパーレア

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/地属性/岩石族/攻1800/守2400
魔法使い族レベル4モンスター×2

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地のレベル4以上の魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:このカードを装備したモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
③:このカードが装備されている場合、
自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」カード1枚と
相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

バトルフェイズ中に2回攻撃をすることができる点と魔法・罠カードを破壊できる点から装備カードとして非常に優秀なエクシーズモンスターです。
《大いなる魔導》で装備して自分のモンスターを強化していきましょう。

絶火の竜神ヴァフラム

【評価】7.0/10.0点

ウルトラレア/シークレットレア

シンクロ・効果モンスター
★8/炎属性/ドラゴン族/攻2500/守2900
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:S召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの表側表示のカードを全て破壊する。
②:このカードを装備したモンスターは相手の魔法・罠カードの効果では破壊されない。
③:このカードを装備したモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。

装備したモンスターに強力な破壊耐性と、戦闘相手を破壊する強力な効果を持っています。
「マギストス」にはチューナーがいないため、シンクロ召喚を行うには他のテーマからチューナーを採用する必要があります。

絶火の大賢者ゾロア

【評価】7.0/10.0点

スーパーレア

チューナー・効果モンスター
★4/炎属性/魔法使い族/攻1500/守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
②:このカードが「マギストス」モンスターカードを装備した場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「絶火の大賢者ゾロア」以外の
レベル4の魔法使い族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。

「マギストス」テーマでは貴重なチューナーで相手の表側表示のカードをすべて破壊できる《絶火の竜神ヴァフラム》をシンクロ召喚することができます。

法典の大賢者クロウリー

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/闇属性/魔法使い族/攻1800/守1000

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
魔法使い族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:属性を1つ宣言して発動できる。
このカードはターン終了時まで宣言した属性になる。
③:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

手札の魔法使い族モンスターを捨てることで召喚権を使わずに特殊召喚することができます。
また、墓地に送られた「マギストス」エクストラモンスターを再利用が可能です。

結晶の大賢者サンドリヨン

【評価】7.5/10.0点

スーパーレア

効果モンスター
★4/光属性/魔法使い族/攻800/守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキから「マギストス」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
●除外されている自分のレベル4以下の魔法使い族モンスター1体を選んで墓地に戻す。
②:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

「マギストス」魔法・罠を手札に加え戦略を安定させることができるモンスターです。デッキに3枚採用して問題ないでしょう。
墓地に送られても墓地除外効果があり無駄がありません。

聖魔の大賢者エンディミオン

【評価】6.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/水属性/魔法使い族/攻1300/守1700

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
EXデッキから「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
②:自分フィールドの表側表示の魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分はデッキから1枚ドローする。
その後、手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

「マギストス」の魔法を使わずともエクストラデッキから装備することができるモンスターです。
ただし素の攻撃力が低い点や、他の「マギストス」が強いことも相まってやや地味なカードとなっています。
すぐにアルテミスを装備してサーチ→装備したアルテミスを破壊して手札交換が出来るから初動として強い動きとなるでしょう。

三賢者の書

【評価】7.5/10.0点

レア

永続魔法
このカード名の②③の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
装備カードを装備した「マギストス」モンスターはそれぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
②:自分メインフェイズに発動できる。
手札からレベル4の魔法使い族モンスター1体を特殊召喚する。
③:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札から「マギストス」モンスターを任意の数だけ特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。

①の効果は単純に破壊耐性を手に入れるのであれば《絶火の竜神ヴァフラム》で事足ります。
しかし②の魔法使い族を特殊召喚する効果や、③の一気にマギストスを展開する効果が強力です。特に「マギストス」以外の魔法使い族を召喚権を使わず特殊召喚できるところは強力です。
「マギストス」の展開の要となるカードでしょう。

大いなる魔導

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
自分のEXデッキ・フィールド・墓地からレベル4以外の「マギストス」モンスター1体を選び、
装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。
自分の墓地に「マギストス」融合・S・X・リンクモンスターがそれぞれ1体以上存在する場合、
この効果で装備するモンスターを、「マギストス」モンスター以外のEXデッキの融合・S・X・リンクモンスターから選ぶ事もできる。

「マギストス」のエクストラデッキのモンスターを装備することができる、実質的に装備魔法のようなカードです。
「マギストス」はエクストラのモンスターを装備しないと始まらないため《大いなる魔導》も重要なカードとなっています。

聖なる法典

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、融合モンスターカードによって決められた
魔法使い族モンスターを含む融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
「マギストス」融合モンスターを融合召喚する場合、
「マギストス」モンスターが装備している
自分の魔法&罠ゾーンの装備カード扱いの融合素材モンスターも融合素材に使用できる。

強力な融合モンスターである《法典の守護者アイワス》を融合召喚できます。

ヴリトラ・マギストス

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

通常魔法
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の墓地のレベル4以下の「マギストス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
②:自分の魔法&罠ゾーンの「マギストス」カードが相手の効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

装備魔法テーマである「マギストス」は《ハーピィの羽根帚》で簡単にやられてしまうため、《ヴリトラ・マギストス》の②の効果はかなり重要となってきます。
とはいえデッキに3枚採用するとだぶついてしまうので1から2枚の採用となるでしょう。

「ドライトロン」

竜儀巧-メテオニス=DRA

【評価】7.5/10.0点

ウルトラレア/シークレットレア

儀式・効果モンスター
★12/光属性/機械族/攻4000/守4000

「流星輝巧群」により降臨。
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードは相手モンスターの効果の対象にならない。
②:このカードの儀式召喚に使用したモンスターのレベルの合計が2以下の場合、
このカードは特殊召喚された相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる。
③:相手ターンに、攻撃力の合計が2000または4000になるように自分の墓地からモンスターを除外し、
その合計2000につき1枚、相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
そのカードを墓地へ送る。

「ドライトロン」の切り札となるモンスターです。①の効果耐性と相手ターン中に破壊することで妨害をすることができます。
相手の展開を阻止していきましょう。
攻撃力が4000と環境デッキの切り札モンスターにはまず負けない異様なパワーを持ち合わせており、②の効果の条件を満たしていれば特殊召喚したモンスターに総攻撃、ダイレクトアタックで相手のモンスターを殲滅させましょう。
②の効果発動を満たす条件は《流星輝巧群》を使い下級は★1で統一されている「ドライトロン」モンスターをリリースに使うことができれば発動は容易です。
③の制圧力が高い効果は墓地の「ドライトロン」の数だけ発動できターン制限がありません。除外から墓地へ送る手段などを使いたいですね。

竜儀巧-メテオニス=QUA

【評価】7.0/10.0点

スーパーレア

儀式・効果モンスター
★12/光属性/機械族/攻4000/守4000

「流星輝巧群」により降臨。
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードは相手の魔法・罠カードの効果の対象にならない。
②:このカードの儀式召喚に使用したモンスターのレベルの合計が2以下の場合に発動できる。
相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。
③:儀式召喚したこのカードが破壊された場合に発動できる。
自分の墓地から、攻撃力の合計が4000になるように
「竜儀巧-メテオニス=QUA」以外の「ドライトロン」モンスターを任意の数だけ選んで特殊召喚する。

「ドライトロン」のもう1枚の切り札です。②の効果発動条件を満たすことができれば《ハーピィの羽根帚》効果を使うことができます。後攻時に強いカードであるといえるでしょう。
③の効果は破壊された場合「ドライトロン」モンスターを特殊召喚する効果を持っています。やられたときの保険になるといえるでしょう。
制圧能力がないため《竜儀巧-メテオニス=DRA》より採用優先度は下がりますが、攻撃力が4000もあるため《流星輝巧群(メテオニス・ドライトロン)》で《竜儀巧-メテオニス=QUA》をリリースするだけで《竜儀巧-メテオニス=DRA》を特殊召喚することができます。
《竜儀巧-メテオニス=DRA》で《竜儀巧-メテオニス=QUA》を除外すれば相手ターンに2枚のカードを墓地送りにできます。
4枚目以降の儀式「ドライトロン」としてはかなり優秀なモンスターです。

竜輝巧-バンα

【評価】7.5/10.0点

スーパーレア

特殊召喚・効果モンスター
★1/光属性/機械族/攻2000/守0

このカードは通常召喚できず、「ドライトロン」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドから、このカード以外の「ドライトロン」モンスター
または儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札・墓地から守備表示で特殊召喚する。
その後、デッキから儀式モンスター1体を手札に加える事ができる。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

《竜儀巧-メテオニス=DRA》を手札に加えることができる貴重なモンスターで、「ドライトロン」デッキでは複数枚採用されることが予想されます。
儀式モンスターであればどのカードでも手札に加えることができるので「ドライトロン」以外のたとえば《崇光なる宣告者(アルティメット・デクレアラー)》などの強力な儀式モンスターを手札に加えるのもアリです。

竜輝巧-ラスβ

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/光属性/機械族/攻2000/守 0

このカードは通常召喚できず、「ドライトロン」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドから、このカード以外の「ドライトロン」モンスター
または儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札・墓地から守備表示で特殊召喚する。
その後、除外されている自分の「ドライトロン」モンスター1体を選んで墓地に戻す事ができる。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

除外されている「ドライトロン」を墓地に戻すことができます。
《竜儀巧-メテオニス=DRA》は墓地の「ドライトロン」を除外するので、コスト用の墓地のカードを戻すことができるのは大きいですね。
《異次元からの埋葬》とは儀式召喚のリリース要員にできる点で差別化していきましょう。

竜輝巧-エルγ

【評価】5.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/光属性/機械族/攻2000/守 0

このカードは通常召喚できず、「ドライトロン」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドから、このカード以外の「ドライトロン」モンスター
または儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札・墓地から守備表示で特殊召喚する。
その後、自分の墓地から「竜輝巧-エルγ」以外の
攻撃力2000の「ドライトロン」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

「ドライトロン」の展開カードとして優秀ですが、他の「ドライトロン」のほうが儀式展開を行う上では重要なので採用の優先度は下がるでしょう。

竜輝巧-ルタδ

【評価】7.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/光属性/機械族/攻2000/守0

このカードは通常召喚できず、「ドライトロン」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドから、このカード以外の「ドライトロン」モンスター
または儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札・墓地から守備表示で特殊召喚する。
その後、手札の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を相手に見せて自分はデッキから1枚ドローできる。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

「ドライトロン」では貴重なアドバンテージを確保できるカードです。
しかし「ドライトロン」のカードが1枚もないと手札事故要素となってしまう点には注意が必要です。

竜輝巧-アルζ

【評価】8.0/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/光属性/機械族/攻2000/守0

このカードは通常召喚できず、「ドライトロン」カードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札・フィールドから、このカード以外の「ドライトロン」モンスター
または儀式モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札・墓地から守備表示で特殊召喚する。
その後、デッキから儀式魔法カード1枚を手札に加える事ができる。
この効果を発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。

特殊召喚時に切り札の《竜儀巧-メテオニス=DRA》を儀式召喚できる《流星輝巧群》を手札に加えることができ、また墓地からも特殊召喚できるので使いやすいモンスターです。

竜輝巧-ファフニール

【評価】7.5/10.0点

ノーマル

フィールド魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、
デッキから「竜輝巧-ファフニール」以外の「ドライトロン」魔法・罠カード1枚を手札に加える事ができる。
②:儀式魔法カードの効果の発動及びその発動した効果は無効化されない。
③:1ターンに1度、自分フィールドに「ドライトロン」モンスターが存在する状態で、
モンスターが表側表示で召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
このターン、その表側表示モンスターのレベルは、その攻撃力1000につき1つ下がる(最小1まで)。

「ドライトロン」の要となるフィールド魔法です。②の効果が特に強力で儀式を安全に通すことができます。
③の効果は《流星輝巧群》で儀式召喚するとき、《竜儀巧-メテオニス=DRA》の②の効果がレベルの低さを参照するため「ドライトロン」モンスター以外のレベルを下げることで条件を満たすことができます。

流星輝巧群(メテオニス・ドライトロン)

【評価】7.5/10.0点

スーパーレア

儀式魔法

儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:攻撃力の合計が儀式召喚するモンスターの攻撃力以上になるように、
自分の手札・フィールドの機械族モンスターをリリースし、
自分の手札・墓地から儀式モンスター1体を儀式召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドの「ドライトロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を相手ターン終了時まで1000ダウンし、
このカードを手札に加える。

ほぼ「ドライトロン」専用の儀式魔法ですが、かなり特殊でレベルを参照せず儀式召喚ができます。
しかも②の効果で再利用することが可能で使い勝手のよい儀式カードです。

極超の竜輝巧

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は通常召喚できないモンスターしか特殊召喚できない。
①:デッキから「ドライトロン」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。

「ドライトロン」モンスターをデッキから特殊召喚することでデッキの事故率を下げることができます。
デメリットとしてエンドフェイズ時に破壊されますが、特殊召喚したカードは《流星輝巧群》のリリース要員になるのでそれほど気にならないでしょう。

喰光の竜輝巧

【評価】6.0/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「ドライトロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの「ドライトロン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は相手ターン終了時まで2000アップする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

「ドライトロン」モンスターを墓地から回収できますが、「ドライトロン」モンスターは《竜儀巧-メテオニス=DRA》で除外するので有効に使う場面は限られるでしょう。
②の効果は《竜儀巧-メテオニス=DRA》の連続攻撃する効果と相性が良いですが、ややオーバーキル気味です。

星彩の竜輝巧

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、
自分フィールドの「ドライトロン」モンスターまたは儀式モンスター1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力を相手ターン終了時まで1000ダウンし、
その相手モンスターを破壊する。

「ドライトロン」カードの中でも優秀な妨害カードです。
《竜儀巧-メテオニス=DRA》が《禁じられた一滴》で効果を無効にされたときはこのカードによる妨害が重要となるでしょう。

ドライトロン流星群

【評価】8.5/10.0点

ノーマル

カウンター罠

このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
①:自分フィールドに儀式モンスターが存在し、
相手がモンスターを召喚・特殊召喚する際に発動できる。
それを無効にし、そのモンスターを持ち主のデッキに戻す。

「ドライトロン」だけでなく儀式モンスター全般に対応している超強力なカウンター罠です。
遊戯王において「墓地は第二の手札」といわれるように、単に特殊召喚を無効にし破壊すると再利用されますが、このカウンター罠はデッキに戻すことで大幅な相手のテンポロスを狙うことができます。

その他モンスター

トロイメア・グリフォン

【評価】8.0/10.0点

ノーマル

リンク・効果モンスター
リンク4/光属性/悪魔族/攻2500
【リンクマーカー:上/左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがリンク召喚に成功した場合、
手札を1枚捨て、自分の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
そのカードはこのターン発動できない。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、
さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
フィールドの特殊召喚されたモンスターはリンク状態でなければ効果を発動できない。

「Evil★Twins」と相性が良いため再録されたカードです。悪魔族モンスターなので「Evil★Twins」の制限をくぐりぬけリンク召喚ができます。
「Evil★Twins」魔法・罠カードをセットして使いまわしていきましょう。
②の効果はリンクモンスターを使わないデッキ相手にかなりの制圧力を誇ります。
「Evil★Twins」以外でも使える汎用カードであり、リンク4と出しづらいことを考慮しても十分強く、特殊召喚をする価値のあるモンスターです。

サイバー・エンジェル-弁天-

【評価】7.5/10.0点

儀式・効果モンスター

儀式・効果モンスター
★6/光属性/天使族/攻1800/守1500

「機械天使の儀式」により降臨。
①:このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の守備力分のダメージを相手に与える。
②:このカードがリリースされた場合に発動できる。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

「ドライトロン」との相性を考慮され再録されたカードです。
「ドライトロン」効果でリリースされると光属性・天使族モンスターを手札に加えることができるため《崇光なる宣告者(アルティメット・デクレアラー)》の手札コストを確保することができます。
「ドライトロン」を天使族寄りのデッキにしたい場合はほぼ確実に採用されるカードといえるでしょう。

サイバース・ガジェット

【評価】7.5/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/光属性/サイバース族/攻1400/守300

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル2以下のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドに「ガジェット・トークン」(サイバース族・光・星2・攻/守0)1体を特殊召喚する。

サイバース族の「キスキル」「リィラ」との組み合わせを考慮され再録されたカードです。
「キスキル」「リィラ」ともにレベル2のモンスターなため相性はよく、中盤以降に活躍するカードといえるでしょう。
トークン生成の効果も強力で、リンク4の《トロイメア・グリフォン》などさらなるリンク召喚に繋げることができます。

Emハットトリッカー

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/地属性/魔法使い族/攻1100/守1100

①:フィールドにモンスターが2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:自分にダメージを与える魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードにEmカウンターを1つ置く(最大3つまで)。
その後、その効果で自分が受けるダメージを0にする。
③:このカードにEmカウンターが3つ置かれた時にこのカードの攻撃力・守備力は3300になる。

魔法使い族テーマの「マギストス」との組み合わせを考え再録されたカードです。
特殊召喚条件は自分・相手どちらも参照するため相手モンスターがいれば①による効果で特殊召喚することは比較的かんたんです。チェーンブロックを作らない特殊召喚な点もポイント。
また、このカードも魔法使い族であるため《法典の守護者アイワス》の融合素材となります。

アステル・ドローン

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/地属性/魔法使い族/攻1600/守1000

①:このカードをX召喚に使用する場合、
このカードのレベルを5として扱う事ができる。
②:フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

「マギストス」とのシナジーを考慮され再録されているカードで、新規カードではありません。
《結晶の女神ニンアルル》のエクシーズ素材にすることでドローができ、また自身も魔法使い族なので専用のサポートを受けやすいカードとなっています。

その他魔法カード

エマージェンシー・サイバー

【評価】7.5/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター
または通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
②:相手によってこのカードの発動が無効になり、
墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

「ドライトロン」とのシナジーを考え再録されたカードです。
好きな「ドライトロン」を状況に応じて手札に加えることができるのは強力で、何かと揃えにくい儀式魔法と儀式モンスターを揃えるための「ドライトロン」を手札に加えることができるのが強力です。
「ドライトロン」のデッキでは使いやすく、枠があればぜひ採用したいカードです。

おろかな重葬

【評価】6.0/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、
このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
①:LPを半分払って発動できる。
EXデッキからモンスター1体を墓地へ送る。

墓地のエクストラデッキのモンスターを装備する「マギストス」とのシナジーを考え再録されたカードです。
しかしデメリットがかなりきついものとなっており、《天底の使徒》と「ドラグマ」のギミックを使ったほうがいい場合も多いです。
しかし《天底の使徒》は準制限カードなので3枚目以上エクストラデッキから墓地へ送るカードを採用したい場合や「ドラグマ」のカードなどを使わない場合はこちらが採用されるでしょう。

その他罠カード

ボーン・フロム・ドラコニス

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

通常罠

このカードを発動するターン、
自分はこのカードの効果以外ではモンスターを特殊召喚できない。
①:自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
機械族・光属性モンスターを全て除外して発動できる。
手札からレベル6以上の機械族・光属性モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は
このカードを発動するために除外したモンスターの数×500になり、
自身以外のカードの効果を受けない。

「ドライトロン」との組み合わせを考慮し再録されたと思われるカードですが、《竜儀巧-メテオニス=DRA》は墓地の「ドライトロン」を除外し相手を妨害していくカードなので墓地およびフィールドの「ドライトロン」モンスターを除外するのは少々もったいないです。
罠カードということで遅さもあり、あまり採用はおすすめしません。

激流葬

【評価】5.5/10.0点

ノーマル

通常罠

①:モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動できる。
フィールドのモンスターを全て破壊する。

最近は《海竜神の激昂》でサーチできることが話題になったカードです。
相手の特殊召喚を妨害したいのであれば《神の通告》などが優先されるため、自分のモンスターも巻き込むこのカードは現在の遊戯王ではあまり採用率は高くありません。

ジェネシス・インパクターズの商品情報

【タイトル】
遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ
デッキビルドパック ジェネシス・インパクターズ

【種別】エントリーパック

【発売日】2020年9月12日(土)

【希望小売価格】1BOX2475円(税抜)

【内容】
1パック:5枚入り
1ボックス:15パック入り
カード種類:全45種
[ ウルトラレア ・・・ 3種 / スーパーレア ・・・ 12種 / ノーマル ・・・ 30種]

※1ボックスで45種類全部は揃いません。
※ウルトラレアカードにはシークレットレア仕様も存在します。
※ノーマル30種全てに、パラレル仕様が存在します。
※商品の仕様は変更になる場合があります。

ジェネシス・インパクターズをどこで買う?|値段比較やお得な予約情報

割引価格+送料無料でAmazon購入がおすすめ!

ジェネシス・インパクターズはアドが取れるパックか?

「マギストス」や「ドライトロン」など魅力的なテーマかつ、デッキに必要なカードを公式があらかじめ再録してくれるパックです。

「マギストス」もしくは「ドライトロン」の必須レアが高騰する、もしくはどちらもデッキを組むのであればシングル買いよりアドがとれるパックとなるでしょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事