【デュエリストパック - 冥闇のデュエリスト編 -】の収録カードリストと評価|当たりカードは?
スポンサーリンク

デュエリストパック - 冥闇のデュエリスト編 -はどんなパック?

アニメの登場キャラクターをテーマにした「デュエリストパック」。今回は「遊☆戯☆王」シリーズから「闇マリク」と「エスパー絽場」、「遊☆戯☆王5D´s」シリーズから「アポリア」、「プラシド」をピックアップ。《ラーの翼神竜》や《サイコ・ショッカー》、《機皇》の関連カードが多数収録されます。

デュエリストパック - 冥闇のデュエリスト編 -の注目カードと考察

ラーの翼神竜(ラーのよくしんりゅう)

【注目度】7.5/10.0点

効果モンスター
★10/神属性/幻神獣族/攻 ?/守 ?

このカードは特殊召喚できない。このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
①:このカードの召喚は無効化されない。
②:このカードの召喚成功時には、このカード以外の魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
③:このカードが召喚に成功した時、100LPになるようにLPを払って発動できる。このカードの攻撃力・守備力は払った数値分アップする。
④:1000LPを払い、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。

闇マリクのエースカード!初のホログラフィックレア

今回のパックの表紙である闇マリクの切り札。他の神のカードと同様もしくはそれ以上に人気なカードであり、今回のホログラフィックレアも高額で取引されています。

原作では猛威をふるった《ラーの翼神竜》ですが、OCG化にあたって大幅に弱体化してしまうことになりました。今回の冥闇のデュエリスト編では、そんな原作の効果を再現できる《ラーの翼神竜》のサポートカードが多数登場しました。

冥闇のデュエリスト編の発売後は《ラーの翼神竜》強化にともない、関連カードである《ラーの翼神竜-球体形》や《ラーの翼神竜-不死鳥》が高騰しました。残念ながらそれら2枚のカードは今回再録されていません(だからこそ高騰しているとも言えますね)。

デュエリストパック - 冥闇のデュエリスト編 -の収録カードリストと評価

「闇マリク」

ラーの翼神竜(ラーのよくしんりゅう) 

【評価】7.5/10.0点

ホログラフィックレア

効果モンスター
★10/神属性/幻神獣族/攻 ?/守 ?

このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
①:このカードの召喚は無効化されない。
②:このカードの召喚成功時には、
このカード以外の魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
③:このカードが召喚に成功した時、
100LPになるようにLPを払って発動できる。
このカードの攻撃力・守備力は払った数値分アップする。
④:1000LPを払い、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

ご存知、闇マリクの切り札。
原作とはあまりにかけ離れた効果から「これはラーではない」「ヲーだ」など散々ネタにされましたが、今回かなり手厚いサポートカードたちの登場により原作に近い効果を手にしました。

神・スライム(ゴッド・スライム)

【評価】5.0/10.0点

ウルトラレア/シークレットレア

融合・効果モンスター
★10/水属性/水族/攻3000/守3000
水族モンスター+水属性・レベル10モンスター

このカードは融合召喚及び以下の方法でのみEXデッキから特殊召喚できる。
●自分フィールドの攻撃力0の水族・レベル10モンスター1体を
リリースした場合にEXデッキから特殊召喚できる。
①:モンスターをアドバンス召喚する場合、
このカードは3体分のリリースにできる。
②:このカードは戦闘では破壊されず、
相手は「神・スライム」以外の自分フィールドのモンスターを、
攻撃対象に選択できず、効果の対象にもできない。

原作ではカードではなく、闇マリクのスライムモンスターが変形したカードです。《神・スライム》と名付けられたもののカードとしては存在していませんでした。
しかしこのたびめでたくOCGオリジナルカードとして登場。
《古の呪文》発動後、リリース要員にすることで《ラーの翼神竜》のステータスを上げることができます。
しかしステータスがそもそも高く、そのまま攻撃しても十分に強いカードとなっています。
もし今後、レベル10・水属性モンスターが登場し環境に入るような強さを発揮すると《神・スライム》もトーナメントシーンで力を発揮するかもしれません。

リアクター・スライム

【評価】5.0/10.0点

レア

効果モンスター
★4/水属性/水族/攻 500/守 500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分フィールドに「スライムモンスタートークン」(水族・水・星1・攻/守500)2体を特殊召喚する。
このターン、自分は幻神獣族モンスターしか召喚・特殊召喚できない。
②:自分・相手のバトルフェイズにこのカードをリリースして発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から「メタル・リフレクト・スライム」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

スライムモンスターのトークンを出すことで《ラーの翼神竜》に繋げることができます。
他にも《メタル・リフレクト・スライム》をセットしたターンにも発動することができる器用でユニークなカードです。

ガーディアン・スライム

【評価】5.0/10.0点

スーパーレア/シークレットレア

効果モンスター
★10/水属性/水族/攻 0/守 0

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカードの守備力はそのダメージ計算時のみ、
その相手モンスターの攻撃力分アップする。
③:このカードが手札・フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ラーの翼神竜」のカード名が記された魔法・罠カード1枚を手札に加える。

「闇マリク」および《ラーの翼神竜》に関する様々な魔法・罠カードが登場しましたが、それらを自由自在にデッキから手札に加えることができるのはこのカードだけとなっています。
水属性・レベル10なので《神・スライム》の特殊召喚にもつながるのもいいですね。

古の呪文(いにしえのじゅもん) 

【評価】5.0/10.0点

ウルトラレア/シークレットレア

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のデッキ・墓地から「ラーの翼神竜」1体を選んで手札に加え、
このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
発動後、このターン中に自分が「ラーの翼神竜」のアドバンス召喚に成功した場合、
その元々の攻撃力・守備力は、そのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの元々の攻撃力・守備力をそれぞれ合計した数値になる。

《ラーの翼神竜》を確実に手札に加え、さらに《ラーの翼神竜》に限り召喚権を増やす効果を持っています。
また《ラーの翼神竜》のステータスを上げる効果を持っており何かと便利なカードです。

ゴッド・ブレイズ・キャノン

【評価】4.0/10.0点

スーパーレア/シークレットレア

速攻魔法

①:自分フィールドの「ラーの翼神竜」1体を選ぶ。
そのモンスターはターン終了時まで以下の効果を得る。
このカードの発動と効果は無効化されない。
●このカードは相手の効果を受けない。
●このカードが戦闘を行う攻撃宣言時に、
このターン攻撃宣言をしていない自分フィールドの
他のモンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力の合計分アップする。
●このカードが攻撃したダメージ計算後に発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て墓地へ送る。

かなり詰め込んだ効果を持っていますが、特に重要なのは《ラーの翼神竜》に[効果の対象にならない]耐性を付与することでしょう。
他の効果はやや使いづらい印象です。あくまでおまけ程度のものと考えましょう。

千年の啓示(せんねんのけいじ)

【評価】5.0/10.0点

スーパーレア

永続魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札から幻神獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分のデッキ・墓地から「死者蘇生」1枚を選んで手札に加える。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードを墓地へ送って発動できる。
このターン、自分の「死者蘇生」によって、自分の墓地の「ラーの翼神竜」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
この効果を発動したターンのエンドフェイズに、
自分は「死者蘇生」の効果で特殊召喚された「ラーの翼神竜」を墓地へ送らなければならない。

原作では闇マリクが《死者蘇生》で《ラーの翼神竜》を蘇生させていましたが、なぜかOCGの《ラーの翼神竜》は死者蘇生で特殊召喚できません。
そのことがインターネットでさんざんネタにされていましたが、今回ついにやや強引な形で《死者蘇生》に対応することになりました。
最初からOCGの《ラーの翼神竜》を《死者蘇生》に対応しておけよ、と言わざるを得ませんが、《千年の啓示》のイラストはとてもカッコいいですね。許しましょう。

太陽神合一(たいようしんごういつ)

【評価】5.0/10.0点

レア

永続罠

このカード名の①②の効果は同一チェーン上では発動できず、
自分フィールドに元々のカード名が「ラーの翼神竜」となるモンスターが存在する場合、このカードはセットしたターンでも発動できる。
①:自分・相手のメインフェイズに、100LPになるようにLPを払って発動できる。
自分フィールドの特殊召喚された「ラーの翼神竜」1体を選び、
その攻撃力・守備力を払った数値分アップする。
②:1ターンに1度、自分フィールドの「ラーの翼神竜」1体をリリースして発動できる。
その攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

デュエリストパック -冥闇のデュエリスト編で登場した《千年の啓示》は本来《死者蘇生》では特殊召喚できない《ラーの翼神竜》を特殊召喚し原作を再現することができるカードです。
しかし《ラーの翼神竜》はそのまま蘇生しても攻撃力・守備力が0のモンスターです。よって、《太陽神合一》で攻撃力を上げることで《ラーの翼神竜》で相手モンスターを戦闘破壊することができるようになります。

処刑人-マキュラ(しょけいにん-マキュラ)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター(制限カード)
★4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200

このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンに1度だけ、自分は罠カードを手札から発動できる。

言わずとしれた遊戯王史上屈指の問題児がエラッタ緩和され復活。
エラッタ前と違いモンスターゾーンを経由しないといけないこと、ターン制限が追加されたことから悪用が難しくなりました。
「闇マリク」デッキでは《メタル・リフレクト・スライム》を即使うことができ、《神・スライム》につなげることができます。

ホールディング・アームズ

【評価】4.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/闇属性/悪魔族/攻 500/守1200

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動する。
このモンスターが表側表示で存在する間、
対象の表側表示モンスターは攻撃できず、効果は無効化される。
②:このカードの①の効果の対象のモンスターがフィールドに存在している限り、
このカードは戦闘・効果では破壊されない。

千年アイテムをモチーフにしたカードです。
相手のモンスター効果を封じる点は強いですが、それ以上でも以下でもなく強さはかなり微妙です。
見た目はいいためコレクター向きのカードです。

ホールディング・レッグス

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/闇属性/悪魔族/攻 800/守 600

①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
②:墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
次のターンの終了時までそのカードは発動できない。

《ホールディング・アームズ》と違い反転召喚に対応しており《ハリケーン》内蔵の、モンスターです。
《終末の騎士》などをつかって②の効果だけを狙うのもありでしょう。
とはいえ場にカードを伏せることがあまりなく、手札誘発偏重の現在の遊戯王環境ではあまり使用されつことはないでしょう。

ジュラゲド

【評価】6.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/闇属性/悪魔族/攻1700/守1300

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のバトルステップに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、自分は1000LP回復する。
②:このカードをリリースし、
自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力を次のターンの終了時まで1000アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

マリクが使用したモンスターとして登場。原作では効果を持たない通常モンスターでした。
ランク4主体のでデッキでは相手モンスターの除去をエクシーズに頼っています。
しかしエクシーズモンスターにフリーチェーンの除去カードを合わせられると素材ともども水の泡となってしまいます。
《ジュラゲド》はそういったことを防ぐために、魔法・罠カードの囮になります。
さらに追撃でライフを削ったり逆に《ジュラげと》のライフ回復効果で相手のワンショットを阻止したりと使い勝手がかなり良いカードとなっています。
役割が多く、ランク4デッキでは採用して損がないでしょう。

死者蘇生(ししゃそせい)

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

通常魔法(制限カード)

①:自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

いわずとしれた汎用カード。
千年の啓示》で本来《死者蘇生》では特殊召喚できない《ラーの翼神竜》を特殊召喚し原作を再現することができるカードです。

左腕の代償(ひだりうでのだいしょう)

【評価】6.5/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
①:このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、
その手札を全て除外して発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

「インフェルノイド」デッキなどで主に使われているカードです。
インフェルノイドでは《名推理》《モンスターゲート》《隣の芝刈り》を安定して手札に加えることができます。
手札コストもインフェルノイドを特殊召喚することで必要最低限に調整しやすく、手札調整もやりやすくなっています。

真実の名

【評価】3.5/10.0点

ノーマル

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:カード名を1つ宣言して発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、宣言したカードだった場合、そのカードを手札に加える。
さらに、デッキから神属性モンスター1体を手札に加えるか特殊召喚できる。
違った場合、めくったカードを墓地へ送る。

面白い効果ではありますが、狙って当てるのは難しいでしょう。
コンボ前提のカードですが、コンボをしてまでこのカードを使う価値があるかというと微妙です。

メタル・リフレクト・スライム

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

永続罠
①:このカードは発動後、効果モンスター(水族・水・星10・攻0/守3000)となり、
モンスターゾーンに守備表示で特殊召喚する。
このカードは罠カードとしても扱う。
②:このカードの効果で特殊召喚されたこのカードは攻撃できない。

原作でも闇マリクが愛用していたカード。
水属性・レベル10なので《神・スライム》の特殊召喚にもつなげることができます。

「機皇」

機皇帝ワイゼル∞-S・アブソープション(きこうていワイゼルインフィニティ-シンクロ・アブソープション)

【評価】4.5/10.0点

ウルトラレア

特殊召喚・効果モンスター
★1/闇属性/機械族/攻2500/守2500

このカードは通常召喚できず、このカードの効果でのみ特殊召喚できる。
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手ターンに、自分フィールドの表側表示の「機皇」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは攻撃できない。
③:フィールドのカードを破壊する効果が発動した時、このカードをリリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

「機皇」デッキのキーカードの1枚。
「機皇帝」なので《機皇枢インフィニティ・コア》の効果で特殊召喚することができます。
また③の効果で「機皇」モンスターを破壊から守ります。

機皇神龍トリスケリア(きこうしんりゅうトリスケリア)

【評価】5.0/10.0点

ウルトラレア

特殊召喚・効果モンスター
★10/闇属性/機械族/攻3000/守0

このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から「機皇」モンスター3種類を1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、このカードの攻撃宣言時に発動できる。相手のEXデッキを確認し、その内のモンスター1体を選んで装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
②:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
③:Sモンスターを装備したこのカードは1度のバトルフェイズ中に3回までモンスターに攻撃できる。

「機皇」デッキの新たな切り札といえるカードです。
攻撃時、相手のエクストラデッキのモンスターを装備することで切り札を奪うことができます。また、①の効果の対象はシンクロモンスターだけでなくリンクモンスターなども装備ができます。
シンクロモンスターを装備できたなら3回攻撃ができます。
欠点は特殊召喚の条件が厳しいことと、エクストラモンスターを吸収する条件が攻撃時とやや遅い点です。

機皇枢インフィニティ・コア(きこうすうインフィニティ・コア)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★1/闇属性/機械族/攻0/守0

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「機皇」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
②:このカードは1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
③:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。同じ属性のモンスターが自分フィールドに存在しない「機皇帝」モンスター1体を手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスター1体でしか攻撃宣言できない。

①の効果がかなり強力で、「機皇」デッキを支える必須カードとなっています。また破壊されたとき「機皇帝」モンスターを手札やデッキから特殊召喚ができます。
機皇帝ワイゼル∞-S・アブソープション》を特殊召喚していきましょう。

機皇兵廠オブリガード(きこうへいしょうオブリガード)

【評価】5.0/10.0点

レア

効果モンスター
★4/闇属性/機械族/攻1200/守1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。このカードを破壊し、デッキから「機皇兵廠オブリガード」以外の「機皇兵」モンスター2体を守備表示で特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。このターンのエンドフェイズに、自分フィールドの「機皇」モンスターの数×100ダメージを相手に与える。

機皇神龍トリスケリア》を特殊召喚するためにほぼ必須となるカードです。
ただし①の効果を発動したときに機械族しか特殊召喚ができないというデメリットがあります。
しかし機械族EXモンスターには《ギアギガントX》や《プラチナ・ガジェット》《HSR-GOMガン》などが強力なカードが存在するのでデメリットがあってもEXデッキを使った展開はできます。

機皇創出(きこうそうしゅつ)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

永続魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから「機皇」モンスター1体を手札に加える事ができる。
②:手札を1枚捨て、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。
③:自分フィールドの表側表示の「機皇」モンスターが戦闘・効果で破壊された場合、このカード以外のフィールドの表側表示の魔法・罠カード1を対象として発動できる。そのカードを破壊する。

①の効果がかなり強力で、「機皇」デッキを支える必須カードとなっています。「機皇」モンスターは《機皇神龍トリスケリア》や《機皇帝ワイゼル∞-S・アブソープション》など手札からのみ特殊召喚できる切り札が多いので、「機皇」デッキでは重要な役割を持っています。

機皇統制(きこうとうせい)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「機皇」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力は、自分フィールドの「機皇」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になり、ターン終了時までそのモンスターの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。
②:自分フィールドの「機皇」モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。

「機皇」モンスターを複数体並べないといけない上に①の効果が微妙なため、使われるとしたら②の効果がメインとなるでしょう。
②の効果は
《機皇神龍トリスケリア》のような切り札の「機皇」モンスターを相手の効果破壊から守ることができます。

根絶の機皇神(こんぜつのきこうしん)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

通常罠

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地の「機皇」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのモンスターを手札に加えるか召喚条件を無視して特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。
②:自分フィールドに「機皇神」モンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。相手フィールドのSモンスター1体を選んで破壊し、その元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

強力な「機皇」モンスターを3体を蘇生する効果はあの強力なモンスターである《機皇神龍トリスケリア》をも特殊召喚することができます。また《機皇帝ワイゼル∞-S・アブソープション》を特殊召喚すれば相手の攻撃を止めることができます。
②の効果は相手がシンクロモンスターを中心にしたデッキならば強力な効果ですが、必ずしもシンクロモンスターが相手の場に存在するとは限らないのが欠点です。

機皇帝ワイゼル∞(きこうていワイゼルインフィニティ)

【評価】4.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/闇属性/機械族/攻2500/守2500

このカードは通常召喚できず、自身の効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
手札のこのカードを特殊召喚する。
②: 1ターンに1度、相手フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
その相手Sモンスターをこのカードに装備する。
③:この攻撃力は自身の効果で装備したモンスターの攻撃力分アップし、
他の自分のモンスターは攻撃宣言できない。
④:1ターンに1度、相手が魔法カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

アポリアの切り札が再録。④の効果で相手の魔法カード発動を無効にできる点が強力です。

機皇帝グランエル∞(きこうていグランエルインフィニティ)

【評価】4.0/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/地属性/機械族/攻0/守0

このカードは通常召喚できず、自身の効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
手札のこのカードを特殊召喚する。
②: 1ターンに1度、相手フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
その相手Sモンスターをこのカードに装備する。
③:この攻撃力・守備力は自分LPの半分アップし、
攻撃力は自身の効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
④:自身の効果で装備したモンスター1体を対象として発動できる。
それを守備表示で特殊召喚する。

ライディング・デュエルでいきなり走り出し視聴者に強烈なインパクトを与えた干せの切り札が再録。
シンクロモンスター相手には無類の強さを発揮しますが、相手がシンクロデッキでなければ戦力が半減するのが欠点です。

機皇帝スキエル∞(きこうていスキエルインフィニティ)

【評価】3.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★1/風属性/機械族/攻2200/守2200

このカードは通常召喚できず、自身の効果でのみ特殊召喚できる。
①:自分フィールドの表側表示モンスターが効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
手札のこのカードを特殊召喚する。
②:1ターンに1度、相手フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
その相手Sモンスターをこのカードに装備する。
③:この攻撃力は自身の効果で装備したモンスターの攻撃力分アップし、
他の自分のモンスターは攻撃宣言できない。
④:自身が装備している自分のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
このターンこのカードは直接攻撃できる。

イリアステルのマスコット的キャラ、ルチアーノの切り札が再録。
ただし性能はかなり微妙で、元々の攻撃力が《機皇帝ワイゼル∞》よりも低く、戦闘破壊されやすいのが欠点です。総合するとかなり使い勝手が悪いです。
他の「機皇帝」とはダイレクトアタックができる点で差別化していきましょう。

機皇帝マシニクル∞(きこうていマシニクルインフィニティ)

【評価】3.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★12/光属性/機械族/攻4000/守4000

このカードは通常召喚できない。
手札から「機皇」モンスター3体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:1ターンに1度、相手フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
その相手Sモンスターをこのカードに装備する。
②:この攻撃力は自身の効果で装備したモンスターの攻撃力分アップする。
③:自分スタンバイフェイズに、自身の効果で装備している自分のモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

固有の能力としてライフポイントにダメージを与える効果をもっていますが、スタンバイフェイズ限定。つまり次の自分のターンまで《機皇帝マシニクル∞》が生き延びている必要があります。
効果も対シンクロモンスターに特化しすぎており、手札コストも重く使い勝手が悪いカードです。

機皇神龍アステリスク(きこうしんりゅうアステリスク)

【評価】3.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★10/闇属性/機械族/攻0/守0

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの「機皇」モンスターが3体以上の場合に特殊召喚できる。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、
このカード以外の自分フィールドの「機皇」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
その自分の「機皇」モンスターを墓地へ送る。
このカードの攻撃力は、この効果で墓地へ送ったモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。
②:Sモンスターが特殊召喚される度に発動する。
そのモンスターを特殊召喚したプレイヤーに1000ダメージを与える。

召喚条件は一見厳しいように見えますが、《機皇兵廠オブリガード》や《根絶の機皇神》などを使えば3体並べることはそれほど難しくありません。
とはいえステータスも素材ありきであり、肝心の②のダメージを与える効果もそれほど驚異ではありません。
出しにくさに見合った強さがなく、他の「機皇」切り札が優先されがちです。

機皇兵ワイゼル・アイン(きこうへいワイゼル・アイン)

【評価】4.5/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★4/闇属性/機械族/攻1800/守0

①:このカードの攻撃力は、このカード以外のフィールドの「機皇」モンスターの数×100アップする。
②:1ターンに1度、このカード以外の自分の「機皇」モンスターが
守備表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。
その戦闘でその自分のモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

機皇兵廠オブリガード》で特殊召喚できるモンスターです。
しかし闇属性であり、《機皇枢インフィニティ・コア》の[ ③:このカードが効果で破壊された場合に発動できる。同じ属性のモンスターが自分フィールドに存在しない「機皇帝」モンスター1体を手札・デッキから召喚条件を無視して特殊召喚する。]という効果を考えると、風属性の《機皇兵スキエル・アイン》や地属性の《機皇兵グランエル・アイン》が優先されます。
しかし残念ながら上記2枚は今回再録されていません……。

機皇城(きこうじょう)

【評価】4.5/10.0点

ノーマル

フィールド魔法

①:自分フィールドの「機皇帝」モンスターはSモンスターの効果の対象にならない。
②:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから「機皇帝」モンスター1体を手札に加える。

①の効果はシンクロピンポイントでありさらにシンクロモンスターの中でも対象をとるカードは《スクラップ・ドラゴン》や《月華竜 ブラック・ローズ》くらいしかありません。
そのため②の効果がメインで使われることになります。
しかし「機皇帝」限定であり手札に加えるカードの種類が限定的で使いにくいカードです。

カオス・インフィニティ

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

通常罠

①:フィールドの守備表示モンスターを全て表側攻撃表示にする。
その後、自分のデッキ・墓地から「機皇」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

「機皇」モンスターを特殊召喚し、そのモンスターをコストにさまざまな展開ができます。
しかし罠カードでありやや遅いのが欠点です。

「人造人間」

脅威の人造人間-サイコ・ショッカー(きょういのじんぞうにんげん-サイコ・ショッカー)

【評価】5.0/10.0点

ウルトラレア

効果モンスター
★7/闇属性/機械族/攻2400/守1500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分または相手のフィールド・墓地に罠カードが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードのレベルはターン終了時まで6になる。
②:自分・相手のメインフェイズに、このカードをリリースして発動できる。
自分の手札・墓地から「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を選んで特殊召喚する。
その後、相手フィ-ルドの罠カードを全て破壊できる(そのカードがセットされている場合、めくって確認する)。

「人造人間」の新規カードで新たなるエースです。
特殊召喚されたときレベル6になるので《人造人間-サイコ・レイヤー》を特殊召喚することができます。
欠点はあまり罠カードがセットされない今の遊戯王で罠カードを対策するカードであることでしょうか。

魔鏡導士サイコ・バウンダー(まきょうどうしサイコ・バウンダー)

【評価】4.5/10.0点

スーパーレア

効果モンスター
★4/光属性/機械族/攻1700/守1000

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
「人造人間-サイコ・ショッカー」1体またはそのカード名が記された魔法・罠カード1枚をデッキから手札に加える。
②:このカード以外の自分のモンスターが相手モンスターに攻撃されたダメージ計算前に発動できる。
攻撃モンスターとこのカードを破壊する。

「人造人間」魔法・罠カードをデッキから手札に加えることができる貴重なカードです。
「人造人間」関連カードはコンボが前提なカードが多く、《魔鏡導士サイコ・バウンダー》は「人造人間」の戦略の要ともいうべきカードです。

サイコ・ギガサイバー

【評価】4.5/10.0点

レア

効果モンスター
★6/闇属性/機械族/攻2200/守1200

このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドの魔法・罠カードの数が自分フィールドの魔法・罠カードより多い場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、
このカードが相手の効果モンスターに攻撃宣言した時、このカードをリリースして発動できる。
その相手モンスターを永続罠カード扱いで相手の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く。

相手のモンスターを永続罠カード扱いで魔法・罠ゾーンに強制的に送ることができるかなりユニークなカードです。
この効果により、相手が罠カードを採用していないデッキでも《脅威の人造人間-サイコ・ショッカー》を特殊召喚することができます。
またレベル6なので《人造人間-サイコ・レイヤー》に繋げることもできます。

電脳エナジーショック(サイバーエナジーショック)

【評価】5.0/10.0点

レア

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在する場合、
フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でフィールドの罠カードを破壊した場合、
さらに以下の効果から1つを選択して適用できる。
●フィールドの表側表示のカード1枚を選び、その効果をターン終了時まで無効にする。
●自分フィールドの全ての「人造人間-サイコ・ショッカー」の攻撃力は800アップする。

「人造人間-サイコ・ショッカー」が自分フィールドに存在しないといけないとはいえ、使いやすいフリーチェーンのカードです。
おまけ効果があるのも嬉しいですね。

宇宙の法則(うちゅうのほうそく)

【評価】5.0/10.0点

スーパーレア

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:相手は自身の手札・デッキから罠カード1枚を選んで自身の魔法&罠ゾーンにセットできる。
セットした場合、自分はデッキから「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を特殊召喚する。
セットしなかった場合、自分は「人造人間-サイコ・ショッカー」1体
またはそのカード名が記されたモンスター1体をデッキから手札に加える。

相手のデッキに罠カードが採用されていない場合は実質的に《人造人間-サイコ・ショッカー》を手札に加える効果。
また、罠カードをセットしていたとしても《人造人間-サイコ・ショッカー》の効果で無力化できます。

宇宙との交信(うちゅうとのこうしん)

【評価】4.0/10.0点

レア

永続魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:元々の持ち主が相手となる自分フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分の手札・墓地から機械族モンスター1体を選んで特殊召喚する。
②:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在し、
相手ドローフェイズに相手が通常のドローをした時、
カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。
ドローしたカードをお互いに確認し、宣言した種類だった場合、
このカードを墓地へ送り、自分はデッキから1枚ドローする。

《人造人間-サイコ・レイヤー》とのコンボ前提ともいえるカードです。
コントロールを奪ったカードをリリースし展開につなげましょう。

不朽の特殊合金(ふきゅうのとくしゅごうきん)

【評価】4.0/10.0点

レア

速攻魔法

①:自分フィールドに「人造人間-サイコ・ショッカー」が存在する場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの全ての機械族モンスターはターン終了時まで、相手の効果では破壊されない。
●自分フィールドの機械族モンスターを対象とする
魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。

《人造人間-サイコ・ショッカー》をはじめとし、機械族を対象とする破壊耐性をつけることができる、もしくは破壊効果を無効にすることができます。
ただし《人造人間-サイコ・ショッカー》がいないと発動すらできない点に注意です。

人造人間-サイコ・ショッカー(じんぞうにんげん-サイコ・ショッカー)

【評価】4.5/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★6/闇属性/機械族/攻2400/守1500

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにフィールドの罠カードの効果を発動できず、
フィールドの罠カードの効果は無効化される。

今回の主役カード。遊戯王でも初期のほうに登場したカードであり、カードパワーは微妙ですが今回は様々なカードを発動させるための条件となっております。

人造人間-サイコ・リターナー(じんぞうにんげん-サイコ・リターナー)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★3/闇属性/機械族/攻 600/守1400

①:このカードは直接攻撃できる。
②:このカードが墓地へ送られた時、
自分の墓地の「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは自分エンドフェイズに破壊される。

墓地へ送られたとき《人造人間-サイコ・ショッカー》を特殊召喚できます。墓地に送りさえすれば発動できます。
エンドフェイズ時に破壊されるので《人造人間-サイコ・レイヤー》のエクシーズ召喚につなげましょう。

人造人間-サイコ・ロード(じんぞうにんげん-サイコ・ロード)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

特殊召喚・効果モンスター
★8/闇属性/機械族/攻2600/守1600

このカードは通常召喚できない。
自分フィールドの表側表示の「人造人間-サイコ・ショッカー」1体を墓地へ送った場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにフィールドの罠カードの効果を発動できず、
フィールドの罠カードの効果は無効化される。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
フィールドの表側表示の罠カードを全て破壊し、
破壊した数×300ダメージを相手に与える。

「人造人間」の切り札的存在のカードでしたが、罠カードを積極的に採用しない今の遊戯王ではなかなか効果を発揮しないカードでもあります。

人造人間-サイコ・ジャッカー(じんぞうにんげん-サイコ・ジャッカー)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

効果モンスター
★4/闇属性/機械族/攻 800/守2000

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り
「人造人間-サイコ・ショッカー」として扱う。
②:このカードをリリースして発動できる。
デッキから「人造人間-サイコ・ジャッカー」以外の「人造人間」モンスター1体を手札に加える。
その後、相手の魔法&罠ゾーンにセットされたカードがある場合、それらを全て確認する。
その中の罠カードの数まで手札から「人造人間」モンスターを特殊召喚できる。

《人造人間-サイコ・ショッカー》を要求するカードが多い「人造人間」関連カードですが、代わりをつとめることができます。
リリースも必要なく出しやすいカードです。

洗脳-ブレインコントロール(せんのう-ブレインコントロール)

【評価】5.0/10.0点

ノーマル

通常魔法

①:800LPを払い、相手フィールドの通常召喚可能な
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

エスパー絽場の代名詞的な強力な魔法カードですが、今回収録されている《精神操作》のほうが汎用性が高く強力です。

電脳増幅器(でんのうぞうふくき)

【評価】3.5/10.0点

ノーマル

装備魔法
「人造人間-サイコ・ショッカー」にのみ装備可能。
このカードの発動と効果は無効化されない。

①:装備モンスターの持つ、「お互いにフィールドの罠カードの効果を発動できず、
フィールドの罠カードの効果は無効化される」効果は、
「相手はフィールドの罠カードの効果を発動できず、
相手フィールドの罠カードの効果は無効化される」として適用される。
②:このカードがフィールドから離れた時に装備モンスターは破壊される。

《人造人間-サイコ・ショッカー》はお互いの罠カードを使えませんが、このカードを装備すれば自分は罠カードを発動させることができます。
とはいえ「人造人間」デッキは基本的に罠カードを使わない構築をするので、このカードの出番はあまりないでしょう。
[「人造人間-サイコ・ショッカー」にのみ装備可能。]という厳しい条件が汎用性を下げています。

精神操作(せいしんそうさ)

【評価】7.0/10.0点

ノーマル

通常魔法(準制限カード)

①:相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは攻撃宣言できず、リリースできない。

《死者蘇生》と同じく、規制がかかっているカードです。
相手のモンスターのコントロールを奪いシンクロ・リンク・エクシーズ素材にしてしまう使い方ができる強力カードです。

サイコ・ショックウェーブ

【評価】3.5/10.0点

ノーマル

通常罠

①:相手が罠カードを発動した時、
手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから機械族・闇属性・レベル6モンスター1体を特殊召喚する。

「人造人間」関連モンスターを呼び出すことができますが、罠カードであり使いづらいカードです。
コストも重く、また「人造人間」デッキは罠カードが《人造人間-サイコ・ショッカー》によって使えない場面も多いためかなり使いづらいカードです。
とはいえ「人造人間」デッキ以外でも採用することができるので、使いみちが思わぬ形で見つかるかもしれません。

デュエリストパック - 冥闇のデュエリスト編 -の商品情報

発売日

2020年5月30日(土)

定価

150円(税抜)

収録内容

1パック:5枚入り
1ボックス:15パック入り
カード種類:全45種 + 1種類
[ウルトラレア ・・・ 5種 / スーパーレア ・・・ 7種 / レア ・・・ 9種 / ノーマル ・・・ 24種 ]

※1ボックスで46種類全部は揃いません。
※スーパーレア・ウルトラレアカードにはシークレットレア仕様も存在します。
※商品の仕様は変更になる場合があります。

デュエリストパック - 冥闇のデュエリスト編 -はアドが取れるパックか?

基本的にはアドがとれないパックです。

環境で活躍するカードの収録はなく、あくまで闇マリクらが好きな人向けのパックです。トーナメントシーンで戦うプレイヤーには不要なパックです。

しかし闇マリクデッキを作りたい場合は箱買いをしてある程度闇マリクのカードを揃えてからシングル買いすることをおすすめします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事