鉄獣戦線 (トライブリゲード)ナーベルの評価|値段・効果・使い方や裁定・採用デッキを解説
スポンサーリンク

鉄獣戦線 ナーベルの基本情報とカードテキスト

カード名 鉄獣戦線 ナーベル
読み トライブリゲード ナーベル
英語表記 -
レアリティ ノーマル
レベル
属性
種族 鳥獣族
ATK 0
DEF 2000
分類 効果モンスター
カードテキスト このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「鉄獣戦線 ナーベル」以外の「トライブリゲード」モンスター1体を手札に加える。
カードナンバー SD39-JP005

鉄獣戦線 ナーベルは強い?評価と使い方を解説

評価
7.0/10.0点

トライブリゲードの要となるモンスター!

墓地へ送られた場合「トライブリゲード」モンスターを手札に加えることができます。

「トライブリゲード」のモンスターは後述の通り、墓地に「トライブリゲード」がいればいるほどリンク召喚できるモンスターの幅が増えるので、墓地に送ったときに手札を加える《鉄獣戦線 ナーベル》は戦略の要となります。

特に「トライブリゲード」下級モンスターとの相性は抜群です。

鉄獣戦線 ケラス》は《鉄獣戦線 ナーベル》を墓地に送り効果を発動させながら特殊召喚ができます。

《鉄獣戦線 フラクトール》はデッキの《鉄獣戦線 ナーベル》を墓地に送り効果を発動させることができます。

①の効果で「トライブリゲード」リンクモンスターを墓地除外で特殊召喚!

「トライブリゲード」下級モンスターの共通効果として[①:自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。]があります。

デメリットとして[このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。]があるので注意が必要です。

しかし「トライブリゲード」リンクモンスターを出すのであればこのデメリットは特に気にならないでしょう。

他にも《炎星仙-ワシンジン》・《王神鳥シムルグ》などの強力なリンクモンスターを特殊召喚できます。

除外したモンスターを有効活用する手段が少ないのが欠点

除外しリンクモンスターを特殊召喚できる「トライブリゲード」モンスターですが、除外したモンスターを活用する手段は罠カードである《鉄獣の抗戦》しかないのが欠点です。

息切れが早いテーマなので早期決戦を目標にしましょう。

鉄獣戦線 ナーベルと相性のいいカード

鉄獣戦線 ケラス

[①:手札からこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を捨てて発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。]の効果で手札を捨てることができます。
《鉄獣戦線 ナーベル》の②の効果で「トライブリゲード」モンスターを手札に加えることができます。

鉄獣戦線 フラクトール

[①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。]の効果で《鉄獣戦線 ナーベル》の②の効果を発動することができます。

鉄獣戦線 徒花のフェリジット

「トライブリゲード」モンスターの中ではもっとも①の効果で出しやすいモンスターです。
さらなるリンク召喚につなげましょう。
またリンク素材として墓地に送られたとき[②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。]の効果を発動できます。
《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を採用しているデッキでは手札に引いてしまった《ブラック・マジシャン》や《レッドアイズ・ブラック・ドラゴン》を新たな手札と交換ができます。

烏合無象

鳥獣族のリンクモンスターに変えつつ②の墓地に送られたときの効果を発動し「トライブリゲード」モンスターを手札に加えることができます。

鉄獣戦線 ナーベルを使った展開例

二ビルを発動させずにアナコンダとドラグーンを展開するパターン

  1. 《鉄獣戦線 ナーベル》を手札から捨て、《鉄獣戦線 ケラス》を特殊召喚し、《鉄獣戦線 ナーベル》の墓地に送られた場合の効果を使用し、「トライブリゲード」のモンスターをデッキから手札に加えます。
  2. 次に手札に加えた「トライブリゲート」モンスターを通常召喚し、《鉄獣戦線 ケラス》と「トライブリゲード」モンスターでリンク召喚し、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》を特殊召喚します。
  3. 最後に《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》の効果を使用し、《真紅眼融合》をデッキから墓地に送り、《ブラック・マジシャン》と《真紅眼の黒竜》をデッキ、手札から墓地に送り、《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を特殊召喚します。
  4. 通常召喚が1回、特殊召喚が合計3回のため相手の《原始生命態ニビル》は使えずに手札を3枚残しながら《超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ》を特殊召喚できます。

ヴァレルソード・ドラゴンを出すパターン

  1. ヴァレルソード・ドラゴンの効果は相手ターンが終了し、自分のターンに特殊召喚して相手のライフを戦闘で一気に削るモンスターのため、ある程度展開ができたことを前提としてます。
  2. 相手メインフェイズ2に《鉄獣戦線 銀弾のルガル》の効果で《鉄獣戦線 フラクトール》を墓地から特殊召喚し、《鉄獣戦線 銀弾のルガル》の効果で墓地から特殊召喚したモンスターの効果処理で《鉄獣戦線 フラクトール》を手札に戻します。
  3. 次の自分のターンで《鉄獣戦線 フラクトール》の効果で《鉄獣戦線 フラクトール》を手札から墓地に送り、《鉄獣戦線 ナーベル》をデッキから墓地に送ります。
  4. 《鉄獣戦線 ナーベル》の効果で《鉄獣戦線 ケラス》を手札に加えます。
  5. 鉄獣戦線 ケラス》を通常召喚し、《鉄獣戦線 ケラス》の効果で墓地の獣、獣戦士、鳥獣族を2体ゲームから除外して《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》を特殊召喚します。
  6. 《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》の効果でレベル4以下の獣、獣戦士、鳥獣族モンスターのいずれかを手札から特殊召喚します。
  7. 《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》、《鉄獣戦線 ケラス》、《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》で特殊召喚したモンスターでリンク召喚し、《ヴァレルソード・ドラゴン》を特殊召喚します。
  8. 《鉄獣戦線 徒花のフェリジット》の効果でデッキからカードを1枚引き、手札を1枚デッキの下に送ります。
  9. 相手の場次第ではこのまま《ヴァレルソード・ドラゴン》の効果を使ったりすることでライフを削り切り、対戦に勝利します。

鉄獣戦線 ナーベルの採用デッキ

「鉄獣戦線」デッキ
【評価】8.0/10.0点
墓地や除外ゾーンからリンクモンスターを展開していくデッキです。

鉄獣戦線 ナーベルの裁定

発表され次第更新します。

鉄獣戦線 ナーベルの入手方法

基本パック PHANTOM RAGE(ファントム・レイジ)

PHANTOM RAGE

シングル買い

鉄獣戦線 ナーベルの値段・買取価格

シングル買い価格

最低金額 最高金額 平均
ノーマル - - -

買取価格

最低金額 最高金額 平均
ノーマル - - -

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事