精霊術の使い手の基本情報とカードテキスト

カード名 精霊術の使い手
読み せいれいじゅつのつかいて
英語表記 -
レアリティ スーパーレア/シークレットレア
分類 速攻魔法
カードテキスト このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「霊使い」モンスター、「憑依装着」モンスター、
「憑依」魔法・罠カードの内、2枚を選ぶ(同名カードは1枚まで)。
その内の1枚を手札に加え、もう1枚を自分フィールドにセットする。
カードナンバー SD39-JPP05

精霊術の使い手は強い?評価と使い方を解説

評価
7.0/10.0点

霊使いデッキの安定性をあげる2:2交換のカード!

ストラクチャーデッキの名前でもある「精霊術の使い手」のカードは霊使いデッキの大幅なテコ入れとなっているカードです。

《憑依覚醒》と「憑依装着」モンスターをセットし、その後すぐに発動し[③:自分フィールドに元々の攻撃力が1850の魔法使い族モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。]の効果で手札を稼ぐことができます。

霊使いの新たな出張セットとなるか

今後のカード次第なところもありますが、効果は非常に強力で「霊使い」デッキ以外での採用も考えられます。

現状ではルール上ルール上「霊使い」と扱う《風霊媒師ウィン》と「憑依」魔法・罠カードを採用する出張セットなどが考えられます。

他にも今後新たな汎用性の高い「霊使い」カードが登場するたびに評価を上げるカードとなるでしょう。

手札を捨てる効果もときに役にたつ

手札の不要なカードを捨てることができるのも強力です。

霊使いデッキでは《憑依覚醒-デーモン・リーパー》の効果である[②:このカードの①の方法で特殊召喚に成功した時に発動できる。自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで効果を無効にして特殊召喚する。]を有効に使うことができます。

欠点は《灰流うらら》に妨害されると2枚の損失に

強力な《精霊術の使い手》ですが《灰流うらら》の妨害対象になっています。

もし《灰流うらら》に妨害されると《精霊術の使い手》および手札コスト1枚を失ってしまうので、モンスター効果を無効にするフィールド魔法の《大霊術-「一輪」》で防ぎましょう。

同名カードは選べないが同カテゴリから2種を選ぶことは可能

《精霊術の使い手》は(同名カードは1枚まで)という縛りはありますが、カテゴリに関する指定はありません。

よって《火霊使いヒータ》をセット、《水霊使いエリア》を手札に加えるということもできます。

精霊術の使い手と相性のいいカード

憑依連携

このカードを霊使い以外デッキの出張セットとして考えるのであればもっとも使いやすいカードとなっています。

風霊媒師ウィン

ルール上「霊使い」と扱うため対応しています。
「①:手札からこのカードと風属性モンスター1体を捨てて発動できる。
デッキから「風霊媒師ウィン」以外の守備力1500以下の風属性モンスター1体を手札に加える。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は風属性以外のモンスターの効果を発動できない。」
という、「霊使い」らしからぬ汎用性の高い効果で風属性をサポートします。

大霊術-「一輪」

[①:1ターンに1度、自分フィールドに守備力1500の魔法使い族モンスターが存在する場合、相手が発動したモンスターの効果を無効にする。]という効果で手札誘発を封じ、安全に《精霊術の使い手》を通すことができます。

精霊術の使い手の採用デッキ

「霊使い」デッキ
【評価】6.0/10.0点
「霊使い」「憑依装着」モンスターでアドバンテージを稼ぎつつビートダウンをしかけるデッキです。

精霊術の使い手の裁定

発表され次第更新します。

精霊術の使い手の入手方法

ストラクチャーデッキ-精霊術の使い手-

ストラクチャーデッキ-精霊術の使い手-

シングル買い

精霊術の使い手の値段・買取価格

シングル買い価格

最低金額 最高金額 平均
スーパーレア - - -
シークレットレア - - -

買取価格

最低金額 最高金額 平均
スーパーレア - - -
シークレットレア - - -

その他

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事