【遊戯王DL】「彼岸」デッキのスキルを考える
スポンサーリンク

今回は、前回に引き続き、「彼岸」デッキの考察をお届けしたいと思います。

前回はギミックの動き、構築指針の解説で終わってしまったので、今回はスキル選択を行っていきたいと思います。

まだ、お読みでない方は、先にそちらをお読みいただいてもらうとよりよく理解していただけるのではないかと考えます。

それでは参りましょう。

「彼岸」のスキル候補

「彼岸」デッキのスキル候補は、現状いくつかの案が考えられます。

今回は、儀式軸ではない「彼岸」デッキのスキル候補を考えていきたいと思います。

候補1 絆の力

ターン終了時まで、自分のフィールド上の表側表示モンスター全ての攻撃力を自分フィールド上のモンスターの数×100ポイントアップする。

このスキルは1ターンに1度しか使用できない。

個人的に素直な組み方をした場合に最有力候補となる、と考えているスキルです。

「彼岸」デッキは、展開力こそありますが基礎打点が2500で頭打ちになってしまうため、打点でマウントを取られることが苦手になると思われます。

打点マウントを取られてしまうと素引きの除去を使う、《彼岸の悪鬼 ファーファレル》の墓地効果、《彼岸の詩人 ウェルギリウス》のいずれかでの突破を図るしかありませんが、どれも嚙み合いの域を出ません。

スキル「絆の力」は、こうした弱点を補い、ビートダウン戦略を補強してくれる枠になってくれるのではないかと考えます。

無駄に余りある展開力をクロックに変換できるため、ワンキルの要求値が下がるのも嬉しい部分ですね。

《彼岸の旅人 ダンテ》を含む2面展開で2700の打点を確保できるため、苦手としそうな「ガイア」「ハーピィ」の基礎打点を上回ることができるのは、マッチアップ改善の観点で重要でしょう。

ミラーマッチが増えた際にも有力なスキルになると思われます。

逆に言うならば、打点面で明確な仮想敵がいないならば、別のスキルを扱うべきだとも考えます。

候補2 光と闇の交換

自分のライフポイントが1000減る毎に以下のどちらかを適用できる。
このスキルはターン中に1度かつデュエル中に2度しか使用できない。

●自分の手札の闇属性モンスター1体をデッキに戻し、種族・レベルが同じで光属性のモンスター1体を手札に加える。
●自分の手札の光属性モンスター1体をデッキに戻し、種族・レベルが同じで闇属性のモンスター1体を手札に加える。

最もデッキギミックと密接に絡んだ働きをしてくれるのではないか、と期待しているスキルです。

基本的には《コズミック・サイクロン》でバック除去を行った後に、手札の「彼岸」モンスターを《エキセントリック・デーモン》に変換することを目的としての採用です。

採用カードが非常に攻撃的な性質を備えているため、短期決戦を意識する観点で採用されるスキルとなるでしょう。

「光と闇の交換」を用いた「彼岸」デッキに関しては、近日中にサンプルリストを別記事にて掲載予定です。

候補3 プラナーズマインド

相手の除外されているカードを、全て異なる次元に送る。

このスキルはデュエル中に1度しか使用できない。

《彼岸の悪鬼 ファーファレル》で飛ばした相手のカードを異次元に送り完全処理とするスキルです。

個人的な評価は前者2つのスキルと比較した際に、1段階評価の落ちる一発芸スキルの認識です。

これは、

  • 《彼岸の悪鬼 ファーファレル》へのアクセス自体が安定して狙えるわけでもないこと
  • 条件が揃った場合にスキル発動の必要性があるかといわれると非常に疑問が残ること
  • 除外効果の成立で《彼岸の悪鬼 ファーファレル》の仕事は十分に終わっていると考えていること

こういった要素から、オーバーキル気味なスキルだと考えているからです。

しかしながら、フィールドに維持させてはいけないカードを主体としたデッキを相手にする場合や、ターンを跨ぐ中期戦をする過程で、このスキルが有用となる可能性は十分にあるため、選択肢には持っておきたいですね。

候補4 ドローセンス系

条件を満たせば、デッキトップを操作できるスキルです。

とはいえ、「彼岸」デッキはデッキ内のアベレージが安定しているため、特定カードを引いて逆転、といったパターンはあまり想像できません

その上で「彼岸」デッキで扱うことを考えるならば、キーカードをタッチできる「デスティニードロー」、もしくは1枚でランク3展開が行える《クレーンクレーン》に触れる「ドローセンス地」あたりになるでしょう。

とはいえ、どちらもライフの減少を必要とするスキルのわりに必要性も怪しいため、それならば「光と闇の交換」で事足りてしまいます。

そのため、どちらかというと、KCカップなどでのデッキ偽装を意識しての採択になりそうです。

特にドローセンス系は基本的にデッキ枚数以外で余計な情報が落ちない点が強力です。

まとめ

今回は様々なスキルを紹介してきました。

「彼岸」というテーマはギミック内で最低限の展開、除去要素を備えているため、スキル、その他の汎用枠を自由に扱えると考えており、可能性の獣といえるデッキです。

リンクスでは、上手くハマるスキルの発掘でデッキが1段階アップグレードされるなんてこともザラにあるため、その他のスキルも研究していきたいですね。

それでは皆さん、またお会いしましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事